1. HOME > 鋼構造の基礎 > 継手の読み方は?1分でわかる読み方、仕口の読み方、継手管、管継手

継手の読み方は?1分でわかる読み方、仕口の読み方、継手管、管継手

継手は、「つぎて」と読みます。継手は、鉄骨部材、鉄筋、配管などに設けます。例えば、鉄骨の運搬が困難な場合、1本の部材を2本に分けて運搬可能な長さとし、現場で組み立てます。このとき、1本部材として繋ぎあわせる「継手」が必要です。今回は、継手の読み方、仕口の読み方、継手の種類、継手管、管継手について説明します。※鉄骨の継手は下記の記事が参考になります。

鉄骨の継手とは?1分でわかる意味、保有耐力接合、計算、scss-h97


鉄筋の継手は下記の記事が参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

継手の読み方は?

継手は「つぎて」と読みます。継手とは、建築部材を繋ぎあわせた接合部をいいます。梁Aと梁Bがあります。AとBは同じ断面です。AとBを一体化するため、接合します。この接合部が継手です。


継手は、母材より高い耐力にします。これを保有耐力接合といいます。仮に、継手が壊れた時、母材も力を支えられないからです。※母材、保有耐力接合の意味は、下記の記事が参考になります。

母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語

接合部の保有耐力接合と計算方法


継手の詳細な意味は、下記の記事が参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ


なお、鉄筋の継手は下記の種類があります。


・重ね継手

・機械式継手

・圧接

・溶接


重ね継手は、イモ継手にならないよう注意します。イモ継手は、下記の記事が参考になります。

いも継手とは?1分でわかる意味、ダメな理由、重ね継手の基準


鉄筋径が太いと、「圧接」という方法で継手を行います。圧接の意味は下記が参考になります。

圧接とは?1分でわかる意味、資格、径違い、検査、ふくらみの関係

仕口の読み方は?

仕口は「しぐち」と読みます。仕口とは、柱と梁の接合部です。柱梁接合部ともいいます。仕口の意味は、下記の記事が参考になります。

柱梁接合部とは?1分でわかる意味、せん断力、耐力、帯筋間隔、鉄骨造

継手と仕口の違い

継手と仕口の違いを下記に整理しました。


継手 ⇒ A部材、B部材を一体化した接合部分

仕口 ⇒ 柱と梁の接合部分


詳細は下記の記事が参考になります。


継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

柱梁接合部とは?1分でわかる意味、せん断力、耐力、帯筋間隔、鉄骨造

継手管、管継手の読み方

継手管、管継手の読み方は下記です。


継手管 ⇒ つぎてかん

管継手 ⇒ くだつぎて


管継手は、配管と配管の方向を変えること、管径を変える場合に必要な継手です。下図をみてください。例えば、L形の管継手などがあります。

まとめ

今回は継手の読み方について説明しました。意味が理解頂けたと思います。継手は、「つぎて」と読みます。仕口は「しぐち」です。両者の読み方を覚えてくださいね。読み方だけでなく、意味も理解しましょう。継手の意味は、下記の記事が参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ


仕口の意味は、下記が参考になります。

柱梁接合部とは?1分でわかる意味、せん断力、耐力、帯筋間隔、鉄骨造

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 継手の読み方は?1分でわかる読み方、仕口の読み方、継手管、管継手