1. HOME > 鋼構造の基礎 > scss-h97とは?1分でわかる意味、目的、梁継手、柱継手、保有耐力接合の表

scss-h97とは?1分でわかる意味、目的、梁継手、柱継手、保有耐力接合の表

scss-h97とは、鉄骨の梁、柱の「標準的な継手(保有耐力継手)」をまとめた資料です。スパンの長い鉄骨部材は、施工上、継手が必要です。継手は必ず、保有耐力接合とします。継手のボルト本数、添え板の厚みなどは、母材の断面に応じて変わります。実務では、部材に応じて計算するのは面倒なので、scss-h97の表から所定のボルト本数などを読み取ります。


今回は、scss-h97の意味、目的、梁継手、柱継手との関係、保有耐力接合の表について説明します。※継手、保有耐力接合については下記が参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

接合部の保有耐力接合と計算方法

scss-h97とは?

scss-h97とは、鉄骨部材の標準的な継手(保有耐力継手)を示した書籍です。下記のような書籍です。

保有耐力継手は、主にラーメン構造で必要です。鉄骨ラーメン構造は、柱をBCR295、梁をH形鋼とします。よってscss-h97は、一般的なH形鋼の保有耐力接合を表にしています。


※保有耐力継手については下記が参考になります。

鉄骨の継手とは?1分でわかる意味、保有耐力接合、計算、scss-h97


保有耐力継手は、母材の断面性能に応じて変わります。継手の検討は、計算が面倒なので部材毎に検討するのは時間が掛かります。よって、scss-h97からボルト本数、添え板厚を読み取ります。


scss-h97を使って、継手を選定する方法を紹介します。下記に流れを整理しました。


以上で、保有耐力継手に必要なボルト本数などが分かります。※併せて下記の記事を参考にしてくださいね。

添え板とは?1分でわかる意味、厚み、材質、記号、ガセットプレートとの違い

鉄骨の継手とは?1分でわかる意味、保有耐力接合、計算、scss-h97

scss-h97の内容、梁継手と柱継手

scss-h97は、鉄骨部材の保有耐力継手を表にしています。梁継手と柱継手の2種類があります。同じ部材でも継手の条件が変わるので注意してください。


私が実務を始めたばかりの頃、梁継手と柱継手を読み間違いした経験があります。梁継手と柱継手で、内容の違いが分かりにくいです。混同しないよう注意深く読みましょうね。

まとめ

今回は、scss-h97について説明しました。意味や、scss-h97の内容、目的が理解頂けたと思います。実務では、鉄骨部材の継手をいちいち計算しません。scss-h97の表から、ボルト本数などを読み取ります。鉄骨造を設計するとき、本当に良く使う本なので、本書の読み方をマスターしてくださいね。


なお、scss-h97は構造設計をする会社なら、ほとんどで保有しています。皆さん個人が購入する必要は無いですが、研究室や設計事務所で使う方などは下記からどうぞ。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > scss-h97とは?1分でわかる意味、目的、梁継手、柱継手、保有耐力接合の表