1. HOME > 構造計算の基礎 > 梁せいとは?1分でわかる意味、スパン、梁幅との関係、鉄骨、rcの違い

梁せいとは?1分でわかる意味、スパン、梁幅との関係、鉄骨、rcの違い

梁せいとは、一般的に梁の高さを意味します。また、構造的には荷重方向の梁寸法です。よく使う専門用語なので、理解してくださいね。今回は梁せいの意味、スパンや梁幅との関係、鉄骨造、rc造の梁せいについて説明します。梁寸法とスパンの関係は下記の記事が参考になります。

梁の寸法は?1分でわかるrc造、s造の寸法、H形鋼の寸法の読み方

梁せいとは?

梁せいは、一般的に梁の高さを意味します。荷重方向の梁寸法ともいえます。下図をみてください。梁せいと梁幅の関係を示しました。

梁せいと梁幅の意味

また、梁せいは「梁成」とも書きます。建築業界では、毎日のように使う用語なので必ず理解してください。


注意したいのは、梁せいは、「縦と横で寸法の大きい方」ではないことです。下図をみてください。荷重を受ける梁があります。X方向、Y方向のどちらが、「梁せい」でしょうか。

梁せいと荷重方向

こたえは、荷重方向であるY方向の寸法が、梁せいです。上図は、縦方向より横方向の寸法が大きいです。しかし、荷重方向に対して有効な高さは、Y方向の寸法です。この荷重に対して有効な高さが「梁せい」です。


耐風梁のように、風圧力を受ける梁はH形鋼を横向きにして配置します。下図のように、梁せいは横方向の寸法ですね。

耐風梁と梁せい

耐風梁については下記の記事が参考になります。

耐風梁ってなに?耐風梁の目的、外壁、開口との関係

梁せいと梁幅の違い

梁幅は、梁の幅です。梁せいは荷重を受ける方向の高さですが、梁幅は荷重を受ける方向と直交した方向の寸法です。下図に示しました。

梁せいと梁幅の関係

ただ、梁幅も構造的には大切です。長方形の断面二次モーメントの式を思い出してください。

Iは断面二次モーメント、bは梁幅、hは梁せいです。よって、梁の断面性能は梁せいの影響が大きいですが、梁幅が大きいほど高い値となります。※断面二次モーメントは下記の記事が参考になります。

断面二次モーメントとは何か?

梁幅が大きいほど、横座屈(梁が横方向に座屈する現象)に有利です。横座屈については下記の記事が参考になります。

横座屈とは?3分でわかる意味と、許容曲げ応力度の関係

梁せいの計算とスパンの関係

梁せいの計算をするとき、建物構造とスパンの関係から概算可能です。鉄骨造で概ねスパンの1/15〜1/20程度の梁せい、RC造でスパンの1/10程度の梁せいとします。詳細は下記の記事が参考になります。

梁の寸法は?1分でわかるrc造、s造の寸法、H形鋼の寸法の読み方

まとめ

今回は梁せいについて説明しました。梁せいの意味が理解頂けたと思います。まず、梁せいの意味を理解してください。建築業界では当たり前に使う用語です。次に、梁せいと梁幅の構造的な意味を覚えましょう。荷重方向に対して、どの寸法が梁せいになるのか考えてください。構造計算では、様々な方向からの荷重を想定します。想定荷重に対して、梁せいと梁幅を間違えると結果が大きく変わるので、注意してくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 梁せいとは?1分でわかる意味、スパン、梁幅との関係、鉄骨、rcの違い