1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの目地とは?1分でわかる意味、役割、幅

コンクリートの目地とは?1分でわかる意味、役割、幅

コンクリートの目地は、ひび割れを誘発させる目的があります。コンクリートは引張力に弱い材料です。引張力を受けるとすぐにひび割れます。ひび割れが生じると、そこから水や空気などが入り、劣化の原因となります。構造的に重要な箇所にひび割れが起きると、問題ですね。よって、あらかじめ「弱い部分」をつくります。これが目地です。今回は、コンクリートの目地の意味、役割、幅について説明します。


※コンクリートの弱点とひび割れについては下記の記事が参考になります。

コンクリートの弱点は?1分でわかる弱点と種類、劣化とひび割れ

コンクリートの目地とは?

コンクリートの目地とは、コンクリートにひび割れが起きやすくした部分です。コンクリートは引張力に弱い材料です。温度による収縮で簡単にひび割れます。ひび割れると、そこから水が入り劣化の原因となります。下図をみてください。これが、コンクリートの目地です。

コンクリートの目地

コンクリート表面に欠きこみが入っていますね。意図的にコンクリートを欠損させます。


主要な鉄筋を配置した部材にひび割れが起きると、水や空気が入り、鉄筋が錆びるかもしれません。鉄筋が錆びると、ボロボロになります。


そこで、「あらかじめひび割れが起きる箇所」をつくります。これが「目地」です。目地は、ひび割れが起きやすい弱点です。


他の箇所でひび割れる前に、目地でひび割れることで、前述した温度収縮・膨張にも対応できます。


目地を誘発させるため、「誘発目地」ともいいます。

コンクリートの目地と役割

コンクリートの目地の役割は、


ひび割れを誘発させること(起きやすくする)


です。予定した箇所にひび割れを起こすことで、構造上の欠陥を減らします。

コンクリートの目地の幅と深さ、間隔

コンクリートの目地の幅と深さ、間隔は下記です。


目地幅 ⇒ 10〜30mm

目地深さ ⇒ 20〜50mm

目地間隔 ⇒ 3〜4m


コンクリートの目地の間隔は、3m程度が一般的です。また、目地で囲まれたコンクリートの辺長比(縦と横の長さの比率)は、2以下とします。要するに、正方形に近い形状で目地をいれます。

まとめ

今回はコンクリートの目地について説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリートの目地は、ひび割れを起きやすくした部分です。意図的にコンクリートを欠損させた部分です。コンクリートの目地の目的、役割を覚えてください。目地の一般的な幅、深さ、間隔も覚えましょう。下記の記事も併せて参考にしてください。

コンクリートの弱点は?1分でわかる弱点と種類、劣化とひび割れ


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの目地とは?1分でわかる意味、役割、幅