1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 短柱とせん断破壊の関係は?1分でわかる意味、スリット、鉄筋コンクリート造との関係
スポンサーリンク

短柱とせん断破壊の関係は?1分でわかる意味、スリット、鉄筋コンクリート造との関係

短柱(たんちゅう)とは、長さの短い柱です。鉄筋コンクリート造では、腰壁や垂れ壁により、柱の可とう長さが短くなり短柱となります。今回は短柱とせん断破壊の関係、意味、スリット、鉄筋コンクリート造との関係について説明します。


構造スリット、せん断破壊の意味は、下記の記事が参考になります。

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅

せん断破壊とは?1分でわかる意味、特徴、計算、危険性

短柱とせん断破壊の関係は?

短柱(たんちゅう)とは、下図に示すような柱です。他の柱に比べて、長さ短い、という特徴があります。意匠計画上、柱が短くなることもありますが、垂れ壁や腰壁の影響で、短柱になることも多いです。

短柱

下図をみてください。2つの柱を比較すると、腰壁と垂れ壁が接合する柱は、剛性が高く変形しません。変形する部分は、腰壁と垂れ壁が無い部分だけです。この長さを、「可とう長さ」といいます。可とう長さの短い柱が、短柱です。

腰壁と垂れ壁と短柱

短柱は、部材の長さが短い分、剛性が高いです。局所的に柱の剛性が高くなるとバランスが悪くなります。下図をみてください。1本の柱が短柱で、剛性が高いです。力は集中的に短柱に作用します。

短柱と力の分布

短柱は、大きなせん断力が作用するので、せん断破壊しやすい部材です。

短柱と構造スリットの関係

短柱はせん断破壊を起こしやすいです。せん断破壊は、建物の急な崩壊を招くため、構造的に望ましく無いです。短柱はなるべく解消します。その方法が、構造スリットを設けることです。構造スリットの意味は、下記が参考になります。

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅

構造スリットにより、柱は垂れ壁や腰壁と切り離され、通常の柱と同じ長さになります。

まとめ

今回は短柱とせん断破壊について説明しました。短柱とせん断破壊の意味、関係が理解頂けたと思います。短柱の要因、腰壁と垂れ壁の関係を覚えてください。また、短柱がなぜせん断破壊しやすいか勉強しましょう。短柱を解消する構造スリットの意味も理解したいですね。下記の記事も参考になります。

せん断破壊とは?1分でわかる意味、特徴、計算、危険性

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 >短柱とせん断破壊の関係は?1分でわかる意味、スリット、鉄筋コンクリート造との関係