1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 許容ひび割れ幅とは?1分でわかる意味、設計ひび割れ幅との違い、屋外と屋内での値の違い

許容ひび割れ幅とは?1分でわかる意味、設計ひび割れ幅との違い、屋外と屋内での値の違い

許容ひび割れ幅とは、部材が許容可能な限界のひび割れ幅です。このひび割れ幅を超えると、構造部材に悪影響が生じます。今回は許容ひび割れ幅の意味、設計ひび割れ幅との違い、屋外と屋内での値の違いについて説明します。※コンクリートのひび割れは、弱点になりやすいです。下記の記事も参考になります。


コンクリートの弱点は?1分でわかる弱点と種類、劣化とひび割れ

曲げひび割れとは?1分でわかる意味、原因、せん断ひび割れとの違い、計算法

許容ひび割れ幅とは?

許容ひび割れ幅とは、部材が許容できる限界のひび割れ幅です。このひび割れ幅を超えると、部材に悪影響が生じます(躯体の劣化など)。


現在の構造設計では、ひび割れ幅を制御する計算は行わないのが通常です。但し、あらかじめ、ひび割れを考慮して鉄筋の許容応力度を制限したり、ひび割れに注意したいスラブや壁は、「ダブル配筋」とします。※ダブル配筋の意味は下記の記事が参考になります。

ダブル配筋とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、壁厚、図面


なお、スラブや壁の面積が大きくなると、温度応力や乾燥収縮による影響でひび割れが発生しやすいです。部材に悪影響が起きないよう、あらかじめ「ひび割れ易い箇所」をつくります。これを目地といいます。詳細は下記の記事が参考になります。

コンクリートの目地とは?1分でわかる意味、役割、幅

許容ひび割れ幅と設計ひび割れ幅の違い

許容ひび割れ幅と設計ひび割れ幅の違いを下記に示します。


許容ひび割れ幅 ⇒ 構造部材が許容できる限界のひび割れ幅。このひび割れ幅を超えると躯体に悪影響が生じる。

設計ひび割れ幅 ⇒ 許容ひび割れ幅に安全係数を考慮したひび割れ幅。施工の不確実性を考慮して、設計ではひび割れ幅の許容値を、より厳しく考える


設計ひび割れ幅は、屋外と屋内で下記の値などが採用されます。


屋外 0.2mm以下(鉄筋コンクリート構造計算規準では、0.2〜0.25mm程度)

屋内 0.3mm以下(鉄筋コンクリート構造計算規準では、0.3〜0.4mm程度)


日本建築学会の、鉄筋コンクリート構造計算規準では、屋外で0.2〜0.25、屋内で0.3〜0.4mm程度をひび割れ幅の許容値としています。

許容ひび割れ幅の屋外と屋内での値の違い

許容ひび割れ幅の値は下記が一般的です。


屋外 0.3mm

屋内 0.5mm


設計ひび割れ幅より大きな値を許容していますね。

まとめ

今回は許容ひび割れ幅について説明しました。意味が理解頂けたと思います。許容ひび割れ幅は、部材が許容できる限界のひび割れ幅です。許容ひび割れ幅に安全係数を考慮した値が、設計ひび割れ幅です。両者とも、屋外より屋内の方が大きな値を許容しています。屋外側の方が、雨や空気などの環境が厳しいからです。また、ひび割れと目地の関係も併せて理解しましょう。下記の記事が参考になります。

コンクリートの目地とは?1分でわかる意味、役割、幅


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 許容ひび割れ幅とは?1分でわかる意味、設計ひび割れ幅との違い、屋外と屋内での値の違い