1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 構造体コンクリートとは?1分でわかる意味、強度、標準養生、受け入れ検査との関係
スポンサーリンク

構造体コンクリートとは?1分でわかる意味、強度、標準養生、受け入れ検査との関係

構造体コンクリートとは、建物の構造部材に用いるコンクリートです。構造部材には柱、梁、スラブ、壁、基礎などがあります。構造体コンクリート以外の部分には、捨てコンクリートなどがあります。今回は構造体コンクリートの意味、強度、標準養生、受入検査との関係について説明します。標準養生、受入検査の意味は下記が参考になります。

標準水中養生とは?すぐに分かる意味と、現場水中養生との違い

コンクリートの養生とは?1分でわかる意味、養生日数、温度、湿潤養生

構造体コンクリートとは?

構造体コンクリートは、建物の構造部材に用いるコンクリートです。構造部材には柱、梁、スラブ、壁、基礎などがあります。鉄筋コンクリート造の構造部材は、全て構造体コンクリートです。


鉄骨造の場合、スラブ、基礎柱、基礎梁、基礎などが構造体コンクリートに該当します。構造体コンクリート以外の部分として、捨てコンクリートがあります。捨てコンクリートの意味は、下記が参考になります。

捨てコンクリートの基礎知識と、役割

構造体コンクリートの強度

構造体コンクリートの強度(圧縮強度)は、構造設計を行い決定します。これを設計基準強度といいます。設計基準強度の意味は、下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


よく用いる強度が


Fc24

Fc27

Fc30


などです。なおJASS5よりFc36を超えるコンクリートを、高強度コンクリートといいます。詳細は下記が参考になります。

高強度コンクリートとは?1分でわかる意味、呼び強度、jis、水セメント比

構造体コンクリートの受け入れ検査

構造体コンクリートを打設する際に受入検査を行います。造体コンクリートを打設するとき、必ず受入検査を行います。受入検査では、所定の本数のテストピースを製作して養生後、圧縮強度試験を行います。テストピースの意味は、下記が参考になります。

コンクリートのテストピースとは?1分でわかる意味、サイズ、本数、型枠

構造体コンクリートと標準養生の関係

前述した受入検査のテストピースの養生方法は標準養生、現場水中養生、現場封かん養生とします。標準養生や受入検査の意味は、下記も参考になります。

標準水中養生とは?すぐに分かる意味と、現場水中養生との違い

コンクリートのテストピースとは?1分でわかる意味、サイズ、本数、型枠

まとめ

今回は構造体コンクリートについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。構造体コンクリートは、構造部材に用いるコンクリートです。どの部分が構造体コンクリートに該当するか理解しましょう。また、構造体コンクリートと受入検査、養生方法も覚えてくださいね。下記も参考になります。

標準水中養生とは?すぐに分かる意味と、現場水中養生との違い

コンクリートのテストピースとは?1分でわかる意味、サイズ、本数、型枠


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 構造体コンクリートとは?1分でわかる意味、強度、標準養生、受け入れ検査との関係