1. HOME > 構造力学の基礎 > 高強度コンクリートとは?1分でわかる意味、呼び強度、jis、水セメント比

高強度コンクリートとは?1分でわかる意味、呼び強度、jis、水セメント比

高強度コンクリートは、設計基準強度を高めたコンクリートです。例えばJASS5ではFc36を超えるコンクリートが高強度コンクリートです。今回は、高強度コンクリートの意味、帯強度、jisとの関係、水セメント比の規定について説明します。

高強度コンクリートとは?

高強度コンクリートは、コンクリートの設計基準強度(Fc)を高めたコンクリートです。設計基準強度とは、圧縮強度のことです。※設計基準強度については下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


※「Fc24」と書いてあれば、「設計基準強度が24N/mu」という意味です。以降、断りなくFc〇と表現します。


高強度コンクリートの定義は、「JIS」「JASS5」「鉄筋コンクリート造構造計算基準・同解説」により異なります。下記に示しました。


上記より、JASS5では設計基準強度が36N/muを超えれば、高強度コンクリートになります。構造計算上は普通コンクリートのつもりでも、水セメント比や単位セメント量などJASS5の規定による値が高強度コンクリートに該当するケースもあるのです。


またJISでは、「呼び強度」で高強度コンクリートが定義されています。呼び強度とは「調合管理強度」と同義です。※調合管理強度については下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


呼び強度は、品質基準強度に構造体強度補正値を加えた値です。よって、呼び強度を「設計基準強度」に換算すると、50や60N/muより小さくなります。

スポンサーリンク

高強度コンクリートとjis、呼び強度の関係

高強度コンクリートはJIS A 5308により規定されています。

といいます。建築基準法では、主要構造部にはJIS規格品またはJAS規格品あるいは大臣認定品を用います。よって、高強度コンクリートは呼び強度50〜60の範囲内で「普通に」使えます。※大臣認定を必要とせず、普通に使える材料を指定建築材料といいます。下記の記事を参考にしてください。

指定建築材料とは?1分でわかる意味、材料の一覧、JIS、あと施工アンカー


ただし、それ以上の高強度コンクリート(例えばFc100)は、個別に大臣認定を受ける必要があります。


さて、JIS A 5308では高強度コンクリートが呼び強度で規定されています。呼び強度とは、調合管理強度と同義です。調合管理強度は下記でした。


※詳しくは下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


またJISA5308によれば、呼び強度は材齢28日の供試体の強度です。圧縮試験により、供試体の強度は、

とする必要があります。


呼び強度を設定した後は、実際にコンクリートをつくるため配合(調合)します。このとき調合のばらつきを考慮して、調合管理強度(呼び強度)をさらに割増しします。これが「調合強度」です。

高強度コンクリートの水セメント比

高強度コンクリートは、コンクリートのFcを高めるため、単位セメント量を多くして、単位水量を少なくします。よって、水セメント比は自然と小さい値となります。下記に、単位セメント量と単位水量の規定を示します。


上記の値から、水セメント比を算出すると55%程度です。

高強度コンクリートの留意点

高強度コンクリートは、強度を高くするため水セメント比を抑えます。よって下記に注意します。

高強度コンクリートのメリットだけでなく、デメリットにも注意したいですね。

まとめ

今回は高強度コンクリートについて説明しました。高強度コンクリートの意味が理解頂けたと思います。高強度コンクリートは強度・剛性が高く、近年研究が活発です。今後も高強度コンクリートによる建物が増えるでしょう。定義や強度の関係は理解しておきましょうね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 高強度コンクリートとは?1分でわかる意味、呼び強度、jis、水セメント比
  2. -->