1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 捨てコンクリートの基礎知識と、役割

捨てコンクリートの基礎知識と、役割

捨てコンクリートは、基礎下や地中梁下にもうける無筋コンクリートです。今回は、捨てコンクリートに関する基礎知識と役割について説明します。また捨てコンクリートの強度やスランプ、配合、厚みについても説明しましょう。

捨てコンクリートとは?

捨てコンクリートは、基礎下や地中梁下、地面に接するスラブ下に設ける無筋コンクリートのことです。下図をみてください。このように地中梁下には捨てコン50mmと砕石60mmを敷きます。捨てコンクリートと砕石は併せて覚えましょう。

捨てコンクリート

捨てコンクリートの目的の1つは、「墨出し」です。建物は基礎⇒1階⇒2階・・・というように、下から上へと順番につくります。何もない更地で、真っすぐ建物を建てようと思うと、何らかの目印が必要です。その目印が、通り芯であり、通り芯をつくる作業が、墨出しになります。


2つめの目的は作業性の向上です。捨てコンクリートを打つことで作業箇所が平滑化します。例えば基礎の配筋をするときスペーサーが必要ですが、捨てコンが無ければ満足にスペーサーを配置することもできないでしょう。


捨てコンクリートは建物の強度と直接関係はありませんが、前述した施工性と密接にかかわっており欠かすことのできない部材です。

捨てコンクリートの強度

以上のように、捨てコンクリートに強度は必要ありません。土間コンクリートも構造的に強度を求めていませんが、それでも沈下すると危ないので、ひび割れない程度に鉄筋を入れたり、鉄筋コンクリートの強度を最低限必要とします。


一方、捨てコンクリートは施工的に必要な「無筋コンクリート」です。配筋は全く必要なく、コンクリートの強度はFc18で十分でしょう。※捨てコンクリートの強度などは無筋コンクリートの基準に準拠します。下記の記事が参考になります。

無筋コンクリートってなに?1分でわかる意味と特徴

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

 

捨てコンクリートのスランプ

捨てコンクリートは前述したように、強度を必要としません。スランプは15又は18cmのどちらでも良いと思います。こちらも無筋コンクリートの規準に準拠するので、厳しい制限はありません。

まとめ

今回は捨てコンクリートについて説明しました。捨てコンクリートの役割を理解いただけたと思います。耐力を必要としない捨てコンクリートですが、間接的に建物の耐震性に関わるので必ず必要です。描き忘れのないように注意しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 捨てコンクリートの基礎知識と、役割