1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い

構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い

構造部材とは、建築物を安全に使用するために必要な部材のことです。普段の生活はもちろん、災害時は人命を守る役割のある部材が構造部材です。今回は構造部材の意味、種類、定義、非構造部材との違いについて説明します。※非構造部材として天井があります。ただし、規模の大きな天井(特定天井)は、構造部材と同様に安全性を確認する義務があります。下記の記事が参考になります。

特定天井とは?1分でわかる意味、定義、仕様、計算ルート

構造部材とは?

構造部材とは、建築物を安全に使用するために必要な部材のことです。

で機能します。構造部材が無ければ、私たちは建物の中で過ごすことはできません。


建築物は華やかな見た目や、奇抜な形状が雑誌に取り上げられます。これらの建築物も構造部材が無ければ、成立しないのです。


構造部材の1つが、柱です。柱は人や机、家具、さまざまな重さを支えています。また地震による力(地震力)に対して、倒れないよう柱が抵抗します。


構造部材は、

が目的です。構造部材の設計法は、建築基準法に基づいています。下記の記事が参考になります。

一次設計とは?1分でわかる意味、震度との関係、二次設計との違い

二次設計とは?1分でわかる意味、目的、保有水平耐力計算


また、構造部材の設計は「構造設計者」が行います。注意したいのが、メディアに出演する建築家は、構造設計者では無いことです。※構造設計者については下記の記事が参考になります。

構造設計者に成るための就職先について


建築基準法では、構造部材を「構造耐力上主要な部分」ともいいます。明確な定義があります。下記の記事で解説しました。

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部

スポンサーリンク

構造部材の種類

構造部材の種類は下記があります。今回は大まかに構造部材の種類を整理しました。例えば「小梁」といっても、風圧力に耐える耐風梁など、色々な種類があります。各リンクから部材の種類について参考にしてください。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算


柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算


梁の種類とは?1分でわかる種類と構造


スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間


布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

構造部材と非構造部材との違い

構造部材と非構造部材の種類を下記に整理しました。


非構造部材は、人や物の重さを支えることはありません。※ただし特定天井のように、一定の規模を有する非構造部材は構造部材と同等の扱いをするケースもあります。


例えば外壁のタイルは、建物の見栄えをよくするもので、地震力に抵抗するものでは無いですね。床のフローリングも、室内の環境をよくするもので、人の重さを支えているわけでは無いです。

まとめ

今回は構造部材について説明しました。構造部材の意味、定義が理解頂けたと思います。構造部材には2つの目的がありました。通常時に建築物が、安全、問題なく使用できること、災害時に人命を守ることです。この2つを覚えてくださいね。また、建築基準法では、構造耐力上主要な部分という定義があります。建築士の試験や実務で使う用語なので、忘れず理解したいですね。下記の記事が参考になります。

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い