1. HOME > 構造力学の基礎 > ダブル配筋とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、壁厚、図面の描き方

ダブル配筋とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、壁厚、図面の描き方

ダブル配筋とは、壁又はスラブ内に鉄筋を2列に配置することです。ダブル配筋の他に千鳥配筋、シングル配筋があります。今回は、ダブル配筋の意味、メリットとデメリット、壁厚、図面の描き方について説明します。※千鳥配筋については下記の記事が参考になります。

ダブル配筋とは?

ダブル配筋は、壁又はスラブ内に鉄筋を2列で配置することです。下図をみてください。ダブル配筋の断面図です。右側の配筋方法をシングル配筋といいます。

ダブル配筋とシングル配筋


シングル配筋と比べると、ダブル配筋の意味が理解しやすいですね。ダブル配筋は、耐力を必要とするスラブなどに採用します。例えば、耐圧版や耐力壁です。また最近のスラブはほとんどがダブル配筋です。※耐圧版、耐力壁については下記の記事が参考になります。

耐圧版の基礎知識、土間コンクリートとの違い

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い


ダブル配筋は、壁厚・スラブ厚を大きくしないと配筋できません(骨材が入らない、コンクリートの充填性が悪い)。それでも鉄筋を多く配筋したいときは、千鳥配筋とします。※千鳥配筋については下記の記事が参考になります。

千鳥配筋とは?

ダブル配筋のメリットとデメリット

ダブル配筋は良いことばかりではありません。メリットとデメリットを書きました。

メリット

・部材の耐力が大きくなる。

・コンクリートのひび割れ抑制。


メリットは、部材の耐力が大きくなることです。シングル配筋に比べて、鉄筋を密に配置していること、鉄筋重心位置が小さくなるためです。※鉄筋重心位置については下記の記事が参考になります。

鉄筋重心位置とは?


また鉄筋を密に配置しているので、コンクリートのひび割れを抑制することが可能です。

デメリット

・ある程度の壁厚、スラブ厚が必要。

・壁又はスラブ形状が複雑な場合は、配筋難易度が上がる。又は配筋が困難となり、壁厚を厚くする必要がある。


ダブル配筋にするためには、ある程度の部材厚が必要です。※必要な厚みについては後述しました。厚みを大きくすると、コンクリート量が増えるので経済性や荷重増となります。


また、部材形状が複雑な場合や沢山の鉄筋が交錯する箇所では、ダブル配筋だと施工難易度が上がります。あるいは現場で施工困難なことが発覚し、壁厚を増やすこともあります。納まりには十分な配慮が必要です。

スポンサーリンク
 

ダブル配筋に適した壁厚・スラブ厚

ダブル配筋とするには、粗骨材が入ることや、コンクリートの充填性がよくするため、必要な厚みが決まっています。スラブと壁に分けて説明します。

スラブ

スラブをダブル配筋とする場合、最低スラブ厚は下記です。


ただし、鉄筋をD16以上とする場合、スラブ厚180以上は必要です。また一般部と、土に接する部分では、かぶりの値が違います。土に接する部分の方が、スラブ厚は大きくなります。


鉄筋径、かぶりに応じて必要なスラブ厚を計算しましょう。※鉄筋径、かぶりに関する記事は下記が参考になります。

鉄筋の「かぶり」ってなに?かぶりと鉄筋コンクリートの耐久性について

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

壁をダブル配筋とする場合、最低壁厚は下記です。


壁厚の場合、t=150ではダブル配筋とできません。最低でも180の厚みとします。D13のダブル配筋とする場合、t=200以上とすることが多いです。スラブと同様に、鉄筋径やかぶりに応じて壁厚を設定しましょう。

ダブル配筋の鉄筋の間隔

ダブル配筋の鉄筋の間隔は、下記の記事が参考になります。

鉄筋のピッチってなに?ピッチの意味と、各部材の鉄筋ピッチ

ダブル配筋の図面の描き方

ダブル配筋は下図のように描きます。

ダブル配筋

まとめ

今回はダブル配筋について説明しました。ダブル配筋の意味が理解頂けたと思います。ダブル配筋は、シングル配筋と比べて鉄筋量が大きいです。よって、コンクリートのひび割れ抑制に効果があり、耐力も大きくなります。ダブル配筋のメリット、デメリットも理解しておきましょうね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > ダブル配筋とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、壁厚、図面の描き方
  2. -->