1. HOME > 構造力学の基礎 > 生コンとモルタルの比重の違いは?砕石と砂の比重との関係

生コンとモルタルの比重の違いは?砕石と砂の比重との関係

生コンとは硬化する前のコンクリートのことです。正しくはレディミクストコンクリートといいます。固まる前だから「生」のコンクリート、「生コン」というわけです。

今回は、生コンとモルタルの比重、砕石、砂の比重との関係について説明します。


生コンとモルタル、その他の比重

生コンとモルタル、砕石、砂などの比重は下記となります。

種類 備考 kN/m^3
生コン(普通) Fc≦36 23
36<Fc≦48 23.5
48<Fc≦60 24
生コン(軽量1種) Fc≦27 19
27<Fc≦36 21
生コン(軽量2種) Fc≦27 17
生コン(遮蔽用) - 22〜60
モルタル - 20
砕石 乾燥 15
飽水 19
乾燥 17
飽水 20
砂利 乾燥 17
飽水 21
人工骨材 細骨材 9〜12
粗骨材 5〜8
パーライト 乾燥 0.2〜5

スポンサーリンク
 

上記のように、生コンは普通、軽量、遮蔽用で、各比重が変わります。これは骨材が関係しています。後述しました。


モルタルの比重は、生コンより3小さいです。モルタルには、粗骨材が入っていないからです。※モルタルとコンクリートの違いは、下記の記事が参考になります。


砕石と砂の比重と、生コンの比重の関係

生コンの比重は、骨材(砕石)と砂の比重で左右されます。例えば、生コンの軽量2種は、軽量骨材を用いているため、比重が軽いのです。


逆に、遮蔽用コンクリートは、骨材に鉄鉱石など重い材料を使うので、骨材の量によって比重が上下します。遮蔽コンクリートは重くなると、60にもなります。これは鋼に近い重さです。遮蔽用コンクリートに関しては、下記の記事が参考になります。


まとめ

今回は、生コンやモルタルの比重について説明しました。コンクリートは骨材の有無や重量によって、比重も大きく変わる点に注意しましょう。


参考文献

下記の文献も参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの比重は?鉄筋コンクリートとの違い、骨材、鉄筋の影響