1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 工事施工者とは?1分でわかる意味、読み方、ゼネコン、建築基準法との関係

工事施工者とは?1分でわかる意味、読み方、ゼネコン、建築基準法との関係

工事施工者とは、工事の請負人または請負契約なしで自ら工事を行う者です。一般的に、建物の工事管理を行う会社が、工事施工者に該当します。今回は工事施工者の意味、読み方、ゼネコン、建築基準法との関係について説明します。


※施工の意味は、下記の記事が参考になります。

施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い


工事施工者と似た用語に、工事監理者があります。工事監理者は、下記の記事が参考になります。

工事監理者とは?1分でわかる意味、資格、不要な場合、役割、仕事内容

工事施工者とは?

工事施工者とは、下記の意味です。※建築基準法第2条1項十八号に規定されます。


工事の請負人

請負契約なしで自ら工事を行う者


請負人とは、発注者との工事管理に関する請負契約を行った者のことです。受注者や元請けともいいます。ゼネコンなどの施工管理を行う建設会社が、工事施工者となります。


また、工事を自ら行う者も、工事施工者です。自分自身の家を、自分で工事を行う場合、請負契約は無いです。自身が工事施工者です。同時に「建築主」でもあります。※建築主の意味は、下記の記事が参考になります。

建築主とは?1分でわかる意味、読み方、施主、施工主との違い、確認

工事施工者、施工業者の読み方

工事施工者は、「こうじせこうしゃ」と読みます。施工業者は「せこうぎょうしゃ」です。施工と似た用語に施行があります。施行は「しこう」とも読むので、注意しましょう。施工の意味は、下記の記事が参考になります。

施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い

工事施工者とゼネコンの関係

工事施工者は、いわゆるゼネコンが請け負うことが多いです。ゼネコンとは、ゼネラル・コントラクターの略です。コントラクターは、請負者を意味します。よって、ゼネコンは総合請負者を意味します。


ゼネコンが工事施工者となり、発注者から工事一式を請け負います。その後、ゼネコンが専門工事業者に工事を発注します。この契約が、下請け契約です。


よって、工事施工者のことを「元請け」ともいいます。

工事施工者と建築基準法の関係

工事施工者は、建築基準法第2条1項十八号に規定されます。第2条では、建築基準法の用語の定義がされています。他にも設計者、建築主などの定義あります。工事施工者と建築主は、対の関係があるので覚えてくださいね。


設計者、建築主の意味は、下記の記事も参考になります。

物理が苦手でも建築士になれる?物理分野の範囲、数学の必要性

建築主とは?1分でわかる意味、読み方、施主、施工主との違い、確認

まとめ

今回は工事施工者について説明しました。意味が理解頂けたと思います。工事施工者は、工事の請負人または自ら工事を行う者のことです。いわゆるゼネコンという建設会社を指すことが多いです。工事施工者と発注者の関係、施工の意味も覚えてくださいね。下記の記事が参考になります。

施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 居室とは?1分でわかる意味、読み方、天井高さ、定義と種類、採光