1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 地業工事とは?1分でわかる意味、読み方、種類、土工事との違い

地業工事とは?1分でわかる意味、読み方、種類、土工事との違い

地業工事とは、杭工事や砂利、捨てコンクリート工事の総称です。簡単にいうと基礎工事です。なお、土工事は地業工事に含まれません。今回は地業工事の意味、読み方、種類、土工事の違いについて説明します。※杭基礎や捨てコンクリートの意味は、下記の記事が参考になります。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

捨てコンクリートの基礎知識と、役割

地業工事とは?

地業工事とは、杭工事や砂利、捨てコンクリート工事の総称です。簡単に言うと、基礎工事です。


基礎工事については下記が参考になります。

基礎構造を学ぶ


また、基礎には直接基礎と杭基礎があります。詳細は下記の記事が参考になります。

直接基礎とは?1分でわかる種類、設計方法、地盤改良、杭基礎との違い

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法


公共工事標準仕様書によれば、地業工事は下記の種類があります。


地業工事の中に、根切りや埋め戻し、山留などの工事は含まれません。これらは土工事です。※根切り、山留については下記の工事が参考になります。

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

地業工事の読み方

地業工事は

と読みます。どちらの読み方も、間違いでは無いです。ただ、実務では「じぎょうこうじ」と読む方が多いです。

地業工事の種類

地業工事の種類は下記です。

それぞれの工事について説明します。

既製コンクリート杭地業

既製コンクリート杭地業とは、既製コンクリート杭に関する工事の内容です。既製コンクリート杭とは、工場製作されたコンクリート杭のことです。詳細は、下記の記事が参考になります。

既製杭とは?すぐに分かる種類、長さ、へり空き、間隔について

鋼杭地業

鋼杭地業とは、鋼杭に関する工事の内容です。鋼杭とは、工場製作された鋼管製の杭です。詳細は下記の記事が参考になります。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

スポンサーリンク
 

場所打ちコンクリート杭地業

場所打ちコンクリート杭地業とは場所打ちコンクリート杭に関する工事内容です。場所打ちコンクリート杭では、現場でコンクリート杭を築造します。詳細は下記の記事が参考になります。

場所打ち杭の支持力を算定する方法

砂利,砂,捨コンクリート地業等

砂利、砂、捨てコンクリート地業は、フーチング下に設ける捨てコンクリートなどの工事内容です。フーチング下には、基礎を安定させるため、砂利や砕石、捨てコンクリートが必要です。※捨てコンクリート、砕石については下記の記事が参考になります。

捨てコンクリートの基礎知識と、役割

基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格

地業工事と土工事の違い

地業工事は、簡単に言うと基礎工事です。一方、土工事とは、下記の工事です。

根切りは、地盤を掘削する工事です。埋め戻しは、根切り下地盤に、土を戻す工事ですね。詳細は下記の記事が参考になります。

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係

埋戻しとは?1分で分かる埋戻し土の種別とA種の特徴


山留めとは、土が崩れないよう、土を支える仮設の壁(山留壁)を設置する工事です。山留の意味は下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

まとめ

今回は地業工事について説明しました。意味が理解頂けたと思います。地業工事は、簡単に言うと基礎工事のことです。根切り、埋め戻し、山留工事は含まれないので注意してくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 地業工事とは?1分でわかる意味、読み方、種類、土工事との違い