1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > フロート板ガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、型板ガラスとの違い
スポンサーリンク

フロート板ガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、型板ガラスとの違い

フロート板ガラスとは、フロート法により製造された板ガラスのことです。ガラスの製造は、フロート法が一般的なので、普通板ガラスは、フロート板ガラスを指します。今回はフロート板ガラスの意味、特徴、厚み、型板ガラスとの違いについて説明します。


※ガラスには、色々な種類があります。強化ガラス、合わせガラスの意味は下記の記事が参考になります。

強化ガラスとは?1分でわかる意味、厚み、割れ方、特徴

合わせガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、中間膜、強化ガラスとの関係

フロート板ガラスとは?

フロート板ガラスとは、フロート法による板ガラスです。板ガラスの製造は、フロート法が一般的です。よって普通板ガラスは、フロート板ガラスを指します。


フロート法を説明しますね。フロート法では、まず溶かした「すず」の上に、同様に溶かしたガラスを流し込みます。すずとガラスの比重を比較すると、ガラスが軽いです。よって、ガラスはすずの上に浮きます。


また、ガラスは表面張力により、勝手に平らになろうとします。※表面張力とは、表面の厚みをできるだけ小さくしようとする力です。


溶かしたすずを水平にすれば、ガラスも自然に水平になり、徐々に冷却すれば、均一の厚みで平らな板ガラスができます。


上記を、フロート法といい、フロート法により製造された板ガラスが、フロート板ガラスです。フロート板ガラスは、JISR3202に規定されます。

フロート板ガラスの厚み

フロート板ガラスの厚みは下記です。


1.9mm

2.5mm

3.0mm

4.0mm

5.0mm

6.0mm

6.5mm

8.0mm

10.0mm

12.0mm

15.0mm

19.0mm

22.0mm

25.0mm


なお、フロート板ガラスの厚みの調整は、ガラスの流入速度で行います。

フロート板ガラスの特徴

フロート板ガラスの特徴は下記です。


・いわゆる、普通の板ガラスなのでコストが安い

・やや緑がかった透明のガラス

・他ガラスに比べて、特殊な性能は無い


フロート板ガラスは、最も一般的なガラスです。特殊な機能が無い分、コスト面が有利です。

フロート板ガラスと型板ガラスとの違い

フロート板ガラスと型板ガラスの違いを下記に整理しました。


フロート板ガラス ⇒ フロート法により製造された板ガラスのこと。いわゆる普通の板ガラス。

型板ガラス ⇒ 表面に色々な型(模様)がつけられた板ガラス。片側の表面に模様があるので、透視しにくい。プライバシー確保の目的や、デザインなどで用いられる。

まとめ

今回はフロート板ガラスについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。フロート板ガラスは、フロート法により製造された板ガラスです。ガラスの製造法は、フロート法が一般的です。よって、普通の板ガラスと考えてください。ガラスの種類として、強化ガラス、合わせガラスなどがあります。下記の記事も参考にしてください。

強化ガラスとは?1分でわかる意味、厚み、割れ方、特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > フロート板ガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、型板ガラスとの違い