1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐水材料とは?1分でわかる意味、レンガ、ガラス、建築基準法との関係

耐水材料とは?1分でわかる意味、レンガ、ガラス、建築基準法との関係

耐水材料は、耐水性のある材料です。建築基準法施行令に、耐水性のある材料が具体的に規定されています。今回は耐水材料の意味、レンガやガラスと耐水材料の関係について説明します。

耐水材料とは?

耐水材料は建築基準法施行令1条1項四号に規定される材料です。※耐水材料の種類は後述しました。


例えば、レンガやガラス、石などが耐水材料です。耐水材料とは、耐水性のある材料です。「耐水性」は一般用語で、下記の意味があります。


・水に耐えること(長時間水につけても壊れないこと)。

・水に濡れても裏まで染みないこと。


コンクリートは耐水材料の1つです。長期間水につけても腐食せず、壊れないため、鉄筋コンクリートは消火用水槽の壁や床に使います。


またアスファルトも耐水材料の1つです。路面の舗装や屋根の防水材として利用されます。路面や屋根は雨により、長期間水がかかります。また陶磁器は、浴槽のタイルなどに使いますが、これも耐水材料です。


ガラスは窓に利用される材料です。ガラスは雨を通さないうえに、採光上のメリットがある材料です。


レンガは一見、耐水性が無いように思いますが、耐水材料の1つです。

耐水材料と建築基準法

前述したように、耐水材料は令1条1項四号に規定されます。建築基準法の中には、耐水材料の規定がないので、混同しないよう注意してください。

耐水材料の種類

令1条1項四号に耐水材料の種類が規定されています。


以上が耐水材料です。上記に属さなくても、「類するもの」であれば耐水材料に該当します。各メーカーに耐水材料か否か確認してみましょう。

まとめ

今回は耐水材料について説明しました。耐水材料の意味、耐水材料の種類など理解頂けたと思います。建築物は、雨を防ぐ箱ともいえます。雨がかかる部分や、水分が多い箇所には耐水性のある材料を使いたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐水材料とは?1分でわかる意味、レンガ、ガラス、建築基準法との関係