1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 複層ガラスとは?1分でわかる意味、読み方、特徴、結露、断熱性との関係
スポンサーリンク

複層ガラスとは?1分でわかる意味、読み方、特徴、結露、断熱性との関係

複層ガラスは、2枚の板ガラスの間に空気層を設けたガラスです。断熱性に優れています。今回は複層ガラスの意味、読み方、特徴、結露、断熱性との関係について説明します。ガラスには色々な種類があります。強化ガラス、網入りガラス、合わせガラスなど下記が参考になります。

強化ガラスとは?1分でわかる意味、厚み、割れ方、特徴

網入りガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、割れ方、耐風圧

合わせガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、中間膜、強化ガラス

複層ガラスとは?

複層ガラスとは、2枚の板ガラスの間に空気層を設けたガラスです。下図をみてください。これが複層ガラスです。

複層ガラス

似た用語に、合わせガラスがあります。合わせガラスは空気層を設けません。複層ガラスと混同しないよう注意してください。合わせガラスの意味は、下記が参考になります。

合わせガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、中間膜、強化ガラス


また、複層ガラスに用いるガラスの種類は、


・フロートガラス

・強化ガラス

・網入りガラス

・合わせガラス


などを用いることが可能です。強化ガラス、網入りガラス、合わせガラスの意味は、下記が参考になります。

強化ガラスとは?1分でわかる意味、厚み、割れ方、特徴

網入りガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、割れ方、耐風圧

合わせガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、中間膜、強化ガラス


上記のガラスを用いれば、断熱性が向上するだけでなく、各ガラスの特徴を付与することが可能です。

複層ガラスの読み方

複層ガラスは、「ふくそうがらす」と読みます。その他、関係する用語の読み方は、下記です。


複合ガラス ⇒ ふくごうがらす

合わせガラス ⇒ あわせがらす

複層ガラスの特徴

複層ガラスの特徴を下記に整理しました。


板ガラス間に乾燥空気層を入れることで、断熱性が向上している

結露防止に役立つ

複層ガラスと結露、断熱性の関係

複層ガラスは、空気層があることで断熱性が向上しています。元々、ガラスは熱損失の大きい材料です。これを改善した複層ガラスを用いることで、室内温度を一定に保つことが可能です。

まとめ

今回は複層ガラスについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。複層ガラスは、ガラス間に空気層を充填したガラスです。空気層のおかげで、断熱効果を高めることが可能です。その他、ガラスには色々な種類があります。下記の記事も併せて勉強してくださいね。

強化ガラスとは?1分でわかる意味、厚み、割れ方、特徴

網入りガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、割れ方、耐風圧

合わせガラスとは?1分でわかる意味、特徴、厚み、中間膜、強化ガラス


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 複層ガラスとは?1分でわかる意味、読み方、特徴、結露、断熱性との関係