1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築のコアとは?1分でわかる意味、センターコア、偏心コアの違い
スポンサーリンク

建築のコアとは?1分でわかる意味、センターコア、偏心コアの違い

建築のコアとは、建築物の核となる部分です。「核」とは、物事の中心という意味があります。建築物のコアには、設備スペースや耐震要素、共用スペースなどが集中的に配置されています。建築物が成立するために必要な部分が集中的に配置された箇所と考えてください。今回は、建築のコアの意味、センターコア、偏心コア、分散コアとの違いについて説明します。


偏心は、下記の記事が参考になります。

偏心率とは何か?

建築のコアとは?

建築のコアは、建築物が成立するために必要な部分が、集中的に配置された部分です。建築物の核(物事の中心)となる部分です。コアには、主に


・設備スペース

・耐震要素(地震力に抵抗する構造部材)

・共用スペース


が配置されます。コアを配置することで、構造、意匠、設備計画の合理性を図ることが可能です。


一方で、避難計画や構造計画に注意する必要もあります。

偏心コア、センターコアの違い

偏心コア、センターコアの違いを下記に整理しました。


偏心コア ⇒ 建築物の、ある面にのみ設置されたコア。コアが偏心しているので、偏心率が大きくなる。高層化は向いていない。

センターコア ⇒ 建築物の平面の中心に設置されたコア。偏心しないので構造的に望ましい。高層化にも向いている。


偏心コアは、下図のようにコアがある面に偏って配置されたものです。

偏心コア

コアには耐震要素があります。建物の重心に対して、耐震要素の位置が偏るのは構造的にデメリットが大きいです。これを偏心率が大きいといいます。偏心率が大きな建物は、バランスが悪く、地震に対して弱いといえます。偏心率の意味は下記が参考になります。

偏心率とは何か?


前述の構造的な理由より、高層建物などには向きません。


センターコアは、下図のように平面の中心に設置されたコアです。

センターコア

建物の重心と、耐震要素の位置に偏りが無いので偏心コアに比べて耐震性が良いです。

まとめ

今回は建築のコアについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。コアは、建築物の核となる部分です。主に、地震力に抵抗する耐震要素や、設備スペース、共用スペースなどを配置します。下記の記事など併せて参考にしてください。

偏心率とは何か?


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築のコアとは?1分でわかる意味、センターコア、偏心コアの違い