1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐震等級とは?1分でわかる意味、建築基準法との関係、マンションの等級

耐震等級とは?1分でわかる意味、建築基準法との関係、マンションの等級

耐震等級とは、住宅の地震に抵抗する度合いを示すものです。耐震等級は、住宅の品質確保の促進などに関する法律に規定されます。※耐震等級の他に、耐風等級、耐積雪等級があります。耐震等級は1〜3のレベルがあり、等級3が最もグレードが高いです。今回は耐震等級の意味、建築基準法との関係、マンションの耐震等級について説明します。※耐風等級、耐積雪等級の意味は、下記の記事が参考になります。

耐風等級とは?

耐積雪等級とは?

耐震等級とは?

耐震等級は、住宅の地震に抵抗する度合いを示します。耐震等級は1〜3までレベルがあります。耐震等級3が最もグレードが高く、地震力を1.5倍割り増して設計します。耐震等級のレベルと、割増係数の関係を下記に示します。


耐震等級3 ⇒ 1.5倍

耐震等級2 ⇒ 1.25倍

耐震等級1 ⇒ 1.0倍(建築基準法に規定される外力程度)


地震力に対する設計は、


・倒壊等防止

・損傷防止


の2段階に分けて検討します。これを1次設計(損傷防止)、2次設計(倒壊等防止)といいます。1次設計、2次設計の意味は、下記の記事が参考になります。

一次設計とは?1分でわかる意味、震度との関係、二次設計との違い

二次設計とは?1分でわかる意味、目的、保有水平耐力計算


耐震等級も、「倒壊等防止」「損傷防止」に対して定めます。

耐震等級と建築基準法との関係

耐震等級1は、外力の割増係数が1.0です。「割増しない」と同じですね。これは、建築基準法と同等の外力です。木造住宅は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造のように、構造計算を行わないことが多いです。住宅メーカーの場合、実物大試験により安全性を確認するケースもあります。


また、木造はわからない部分も多いので、建築基準法程度の外力を1.5倍割りました、耐震等級3としたいですね。

マンションの耐震等級

鉄筋コンクリート造や、鉄骨造のマンションは、戸建て住宅に比べて工事費が高いです。よって、耐震等級2、3とするだけで、工事費が増額となります。


マンションは中高層の高さが多く、地震力に対する設計がポイントです。地震力を割り増すと、柱や梁など構造躯体の断面が大きくなるでしょう。よって、民間のマンションでは耐震等級1が一般的です。


※地震力は下記の記事が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

まとめ

今回は耐震等級について説明しました。意味が理解頂けたと思います。耐震等級は、住宅の地震に抵抗する度合いです。耐震等級1、2、3と地震力の大きさを理解しましょう。また、倒壊防止、損傷防止の違いを理解してくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

耐風等級とは?

一次設計とは?1分でわかる意味、震度との関係、二次設計との違い

二次設計とは?1分でわかる意味、目的、保有水平耐力計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐震等級とは?1分でわかる意味、建築基準法との関係、マンションの等級