1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐震構造とは何か?

耐震構造とは何か?

一言で地震に強い建物といっても、種類があります。その種類を、現代の技術では3つに分類しています。


1. 耐震構造

2. 制震構造

3. 免震構造


今回、3つ全ての説明は割愛しますが、1番の耐震構造について、一体何か?どんな特徴があるのか、説明します。


スポンサーリンク


耐震構造とは地震に耐える構造

耐震構造とは一言で言えば、地震に耐える構造です。当たり前じゃないか、と言われそうですが、そうではありません。なぜなら、制震構造も免震構造もけっして地震に耐えているわけではないからです。


簡単に説明すると、制震構造は地震力を制御し、被害を抑える構造です。免震構造は、そもそも地震力が伝わらないように、建物を柔らかくする構造です。両者とも、地震に『耐えている』とは意味合いが違います。


地震に耐えるという発想は、地震に強い建物をつくる上で真っ先に考えられたアイディアでした。強烈な地震に対しては、強力な壁や柱、梁をもって地震に抵抗すれば良い、ということです。


耐震構造は特別な装置を必要としないため、最も安価に設計ができます。また、最も普及しています。


また、1981年の新耐震設計法から現在まで大きな地震が何度かありましたが、新耐震設計により行った耐震構造の建物では、大きな被害が起きていないことから、専門家の間でも信頼を得ています。


耐震構造の性能上の目標

しかし、耐震構造の目標は『人命を守ること』です。具体的には大地震(震度五強以上)においては、建物は倒壊しないが元通り使えることが難しい、と建築基準法でも定められています。


つまり耐震構造では、大地震が起きた後、二度と建物が使えないと思った方が良いでしょう。


建物を財産として考えると、高いお金を払ったのに使えなくなるのは残念です。例えば、流通倉庫や会社社屋が大地震により使えない状況になったとして、今後の事業継続が危ぶまれることは、経営者にとっても避けたいことです。


以上の点は、耐震構造よりも制震構造や免震構造は優れています。もちろん初期費用は多く必要ですが、恒久的に事業を継続しようと思えば必須な投資でしょう。


まとめ

今回は耐震構造について説明しました。耐震構造は、『地震に耐える構造』であること。地震に対して、強い柱や梁、壁にすることで地震に抵抗していると覚えてください。しかし、耐震構造は人命を守ることが最優先で、大地震が起きた後は建物が二度と使えなくなる可能性もあります。


今後の事業継続や資産を恒久的に保持する観点からは、制震構造や免震構造が優れていることも知っておくと良いでしょう。


面内方向は、考えている面の水平方向、面外方向は考えている面との直交方向だと覚えてくださいね。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 剛性率ってなに?剛性率の意味と、建物の耐震性