1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築のレベルとは?1分でわかる意味、床レベル、水平、測量との関係
スポンサーリンク

建築のレベルとは?1分でわかる意味、床レベル、水平、測量との関係

建築のレベルとは、測量機械の1つです。ある地点の標高を測定する場合や、高低差をはかるときに使います。また、水平線を出すことを「レベル出し」といいます。今回は建築のレベルの意味、床レベル、水平、測量との関係について説明します。


似た用語でFL、SL、GLがあります。Lはレベルまたはラインを意味します。下記の記事が参考になります。

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法

建築のレベルとは?

建築のレベルは、測量機械の1つです。ある地点の標高や、高低差の測定で使います。下図をみてください。これがレベルです。

このレベルを三脚に据え付けて使います。街中を歩いていると、レベルを除いている方をみかけます。これは道路や、敷地のレベル(高さ)を計測しています。また、下図のものを標尺といいます。標尺の値を読むことで、ある地点の高さがわかります。

下図をみてください。ある地点の高さを知りたいとき、レベルから標尺のメモリを読みます。高低差を調べる時は、A点とB点の高さをレベルで読んだ後、それぞれの高さを差し引けば、高低差が求められます。

建築のレベルと高低差

※A点の高さをHa、B点の高さをHbとするとき、高低差H=Ha−Hbとなる。

建築のレベルと床の関係

建築のレベルは、前述した測量機械だけでなく「水平面の高さ」を意味することもあります。床のレベルを、FLといいます(FLはfloor levelまたはfloor lineの略)。FLの意味は、下記が参考になります。

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法


例えば、前述した測量機を用いて、建築物に必要な水平の基準線を出すことを、「レベルを出す」ともいいます。建築物の床は常に水平である必要があります。水平の床を造るには、レベル出しが不可欠です。


水平、鉛直の意味は、下記の記事が参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

まとめ

今回は建築のレベルについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築のレベルは、ある地点の高さや高低差を測定する機械のことです。また、水平の基準線を意味します。床とレベルの関係など、下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築のレベルとは?1分でわかる意味、床レベル、水平、測量との関係