1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のベンチマークとは?1分でわかる意味、記号、決め方、留意点

建築のベンチマークとは?1分でわかる意味、記号、決め方、留意点

建築でいうベンチマークは、建築物の高さ、平面的な位置の基準です。ベンチマークを元に建物の配置やGLが決定します。記号でBMと書きます。今回はベンチマークの意味、記号、決め方、留意点について説明します。※GLやSLについては下記の記事が参考になります。

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法

建築のベンチマークとは?

建築のベンチマークは、建築物の高さ、平面的な位置の基準点です。建築物を設計するとき、まず設計GLを設定します。


ただ、そもそも設計GLをどこにするのか、周辺道路との位置関係などを元に決定します。これらの位置は、基準点を元に測量すれば計測できます。この基準点がベンチマークです。

ベンチマークとGL、隣地との関係

ベンチマークは、主に既存工作物や、杭などとします。ベンチマークの決め方については後述しました。


なお、ベンチマークと設計GLの関係は、配置図または平面図などに明記するのが望ましいです。

建築のベンチマークと記号

ベンチマークは、「BM」という記号を使います。建築図面の配置図や平面図をみると、BM、BMとGLの関係が明記されています。KBMは仮りベンチマークの意味です。BM、KBMは同じ意味と考えてください。

スポンサーリンク
 

建築のベンチマークの決め方

ベンチマークは、主に周囲にある既存工作物や杭、新設した木杭とします。既存工作物の例として、電柱や塀、道路わきの側溝などがあります。


ポイントは、建物ができる間、「動かないこと」です。ベンチマークは設計時に決めますが、工事が始まってからも利用します。動きやすいものにベンチマークを設定すると、基準点にした意味がないですね。


またベンチマークは通常2カ所以上に設けます。2カ所のベンチマークを相互にチェックします。

建築のベンチマークの留意点

ベンチマークを新設する場合、「動かないこと」に留意してください。木杭を新設し、ベンチマークとしたなら、周囲を養生柵で囲うなど工夫が必要です。

 

ベンチマークとボーリング調査時のベンチマーク

実体験ですが、ボーリング調査時をするために決めたベンチマークと、建物を設計するときに決めるベンチマークが異なることが起きました。


下図をみてください。ボーリング調査は、地盤調査会社が行います。地盤の深さを調査するとき、周辺地盤との位置関係が必要で、ベンチマークを決めます。これをBrBMとします。


一方、通常建物を設計するときに必要なベンチマーク(このベンチマークは設計者が決めることが多いです)をBMとします。

BrBMとBMの関係

BMとBrBMが一致しないために、基礎深さの設計変更を要したのです。あまり起きない事例ですが、ベンチマークが変わると、構造計算も変わると覚えてくださいね。

まとめ

今回はベンチマークについて説明しました。ベンチマークの意味が理解頂けたと思います。ベンチマークの意味、記号、目的などを理解してください。ベンチマークは建築物の配置や高さを決める大切な基準点です。併せてGLについて勉強してくださいね。

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のベンチマークとは?1分でわかる意味、記号、決め方、留意点