1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法

建築図面をみると、SL,GL,FLなどの表記があります。建物をつくる上で大切な「レベル(高さ)」を表しています。LはLevelの略です。またCHという表記もあります。今回は、建物のレベルを表すSL,GL,FL,CHの意味、違い、図面の表記法について説明します。

SLとは?

SLはスラブの天端(構造的な床の天端)を表します。SLは、英語のSlab Levelを略した用語です。下図をみてください。このように高さ寸法と、SL表記があれば「スラブまでの高さ」がわかります。

SLと建物の関係

※スラブとは、一般的に鉄筋コンクリート床のこと。スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割


SLはスラブの天端ですが、構造的な床の天端ともいえます。構造的な床とは、人や机などの重量を支える構造部材です。


一方、フローリングなど普段歩く床は「構造部材では無い」のです。フローリングは簡単に傷ついたり、焼けますよね。それらは仕上げ材といって、美観、居住性のために設けられています。

スラブ天端と仕上げ天端

さて、重要なポイントなのでもう一度いいます。


SLはスラブの天端(構造的な床の天端)


覚えておきましょう。では、仕上げ材の天端はなにか。後述するFLと関係します。構造図は構造部材の大きさ、位置関係を描くのでSLをおさえます。


また屋根レベルは、「RSL」と表記します。

GLとは?

GLは地盤(設計地盤)のレベルを表します。英語でGround Levelを略した用語です。


「地盤(地面)のレベルなんて、わざわざ表記しなくてもわかるのでは?」


と思いますよね。それは違います。


建物を新築するとき、元々の地盤を削って低い位置に建物をつくることもあります。逆に土を盛って(盛土して)建物を高い位置につくる場合もあるのです。下図をみてください。

設計地盤

よって「設計では地盤のレベルをこの位置で考えているよ」と表記すべきで、それが「GL」です。そのためGLを「設計地盤」「設計GL」といいます。


元の地盤と設計地盤が大きく変わるとき、両者の関係が分かるよう図面に表記します。もちろん元々の地盤と設計地盤が同じにすることもあります。

スポンサーリンク
 

FLとは?

FL は床の天端を表します。英語でFloor Levelを略した用語です。SLと混同しないよう注意しましょう。前述したようにSLは構造的な床の天端、FLは床の天端です。下図をみるとわかりやすいです。


FLは建築図面の基本となる高さです。意匠図に関わらず、構造図や設備図にも明記します。FLは各階の床レベルで明記します。2階の床は2FL、1階なら1FLです。

SLとFLの違い

CHとは?

CHはFLから天井下端を表します。英語でCeiling Heightを略した用語です。前述したFLやSLの高さは、実際問題、私たちの生活にさほど影響しません。


一方、天井までの高さを表したCHは、部屋の広さに直接関係します。CHが高い=天井が高いので、「広い部屋だな」と感じます。覚えてしまえば簡単です。


これから家づくりする方は、現在お住まいの部屋の中からメジャーでCHを計測することもできますね。

CHとは?

 

各レベルの関係と図面の表記法

各レベルは図面で下図のように描きます(CHは省略します)。

SL,GL,FLの関係

寸法線を引き出して、「△GL(▽GL)」という描き方は共通です。

まとめ

今回はSL,FL,GLについて説明しました。各レベルの位置関係は建築の基本です。設計、管理など職種に関わらず覚えておくとよいでしょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法