1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算

尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算

尺とは、建築で使う長さの単位の1つです。日本では、古くから尺貫法という単位系が用いられてきました。現在はSI単位系が主流となり、尺などの単位も使いません。ただし、尺や寸のスケール感は至る場面で残っているので、是非覚えてくださいね。


※寸、間の意味は、下記の記事が参考になります。

寸とは?1分でわかる意味、長さと計算、読み方、1寸5分、尺との関係

単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算

尺とは?

尺とは、建築で使う長さの単位の1つです。


1尺=0.303m


です。また、1尺は10寸を意味します。※寸の意味、長さは下記の記事が参考になります。

寸とは?1分でわかる意味、長さと計算、読み方、1寸5分、尺との関係


尺や寸は、尺貫法による長さの単位です。現在の単位はSI単位系が主流なので、尺貫法は使いません。ただし、木造建築物の設計では使用されますし、尺や寸のスケール感は、今の建築物にも残っています。尺と寸、m、cmの換算は是非覚えてください。


例えば、外壁パネル幅(ALCや押し出し成形セメント版など)は、300mmや600mmです。これは、1尺の長さ0.303mが基準です。600mmは約2尺ですね。


畳の寸法には、江戸間と京間があります。江戸間は、柱芯間距離を6尺として畳を配置したときの畳の寸法です。6尺を1間といいます。


江戸間、京間、間の意味は、下記の記事が参考になります。

江戸間とは?1分でわかる意味、田舎間、京間との違い、寸法

単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算

尺の読み方

尺は「しゃく」と読みます。その他の用語の読み方は下記です。


寸 すん

間 けん

一寸 いっすん

1尺8寸 いっしゃくはっすん

尺とcmとの関係

尺をcmに単位換算しましょう。


1尺=0.303m=30.3cm


です。1.5尺では


1.5尺=1.5*30.3=45.5cm


です。

尺、寸と長さの計算

尺と寸の関係を計算します。


1尺=10寸=0.303m

6尺=60寸=1.818m


では、1尺8寸は、何センチでしょうか。


1尺8寸=1.8*30.3=54.54cm


です。

まとめ

今回は尺について説明しました。意味が理解頂けたと思います。尺は、建築で使う長さの単位の1つです。他にも、寸や間があります。尺貫法による単位は、現在あまり使いませんが、スケール感は残っています。尺やm、cmとの関係など是非覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

寸とは?1分でわかる意味、長さと計算、読み方、1寸5分、尺との関係

単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算