1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算

単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算

間(けん)は、尺貫法の単位の1つです。一間は、1.818mを意味します。昔、日本の建築物は尺貫法という単位が使われていました。現在は、SI単位系に統一されていますが、尺貫法の面影はいたるところで残っています。今回は、間の意味、一間の読み方、計算、mとの換算について説明します。


現在、建築で使う単位はSI単位系です。下記の記事も併せて参考にしてください。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

単位の間とは?

「間」は、「けん」といいます。建築で使う単位の1つです。日本では、昔、尺貫法という単位が主流でした。現在、在来の木造建築物などに使いますが、一般的な建築物にはほとんど使わない単位です。※いまは、SI単位系が主流です。SI単位系の意味は下記の記事が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


一間(いっけん)は、1.818mです。なお、畳の寸法である江戸間は、一間を基準としています。※江戸間の意味は、下記の記事が参考になります。

江戸間とは?1分でわかる意味、田舎間、京間との違い、寸法

一間の読み方

一間は、「いっけん」と読みます。その他、関係用語の読み方を下記に示します。


尺 ⇒ しゃく

寸 ⇒ すん

間の単位と計算

一間は1.818mです。尺と寸の関係を下記に示します。


一間=6尺=60寸=1.818m


なお、1寸は0.303mです。建材メーカーの製品をみると、300幅や600幅という物が多いです。これは、尺貫法の単位である「寸」の名残です。また、根太や母屋のピッチは、303、455、600などが多いです。


455は、303+303/2で計算できます。尺貫法でいうと、1.5寸ですね。


上記の通り、建築物の単位もSI単位系を用いますが、尺貫法によるスケール感は、今も残っています。

間とmの換算

間とmの単位換算は、暗記してくださいね。


一間=1.818m


です。では、12尺は何メートルでしょうか。答えは、


12尺=3.64m(2間)


です。江戸間は、柱芯間距離6尺を基準として配置した畳の寸法です。6畳の部屋の大きさは、長い方の辺が2間となります。※江戸間の意味は、下記の記事が参考になります。

江戸間とは?1分でわかる意味、田舎間、京間との違い、寸法


また、


1.5間=2.727m

2.0間=3.64m

2.5間=4.545m

3.0間=5.454m


ですね。

まとめ

今回は、尺貫法の単位の1つである「間」について説明しました。意味が理解頂けたと思います。間は「けん」と読みます。一間は「いっけん」です。現在の建築物はSI単位系が主流ですが、尺貫法で用いていたスケール感は今の建物にも残っています。間と尺、寸をm単位に換算できるよう覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にして下さい。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

江戸間とは?1分でわかる意味、田舎間、京間との違い、寸法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算