1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築で使う長さの単位は?1分でわかる意味、記号、単位、寸法の一覧

建築で使う長さの単位は?1分でわかる意味、記号、単位、寸法の一覧

建築業界には、色々な長さの単位があります。主に使う単位は「mm(ミリメートル)」です。その他、m(メートル)やcm(センチメートル)、尺、寸、間という特殊な寸法の単位も使います。今回は、建築で使う長さの単位の意味、単位の記号、寸法の一覧について説明します。


※尺、寸、間は、尺貫法という単位系で使われました。下記の記事が参考になります。

尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算

寸とは?1分でわかる意味、長さと計算、読み方、1寸5分、尺との関係

単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算

建築で使う長さの単位と、寸法一覧

建築で使う長さの単位は、主に「mm(ミリメートル)」を使います。建築図面は寸法の書き込みが多いです。全ての寸法に「mm」を書くと図面が見にくいので、mmは省略されます。省略された寸法の単位は、mmと考えてよいでしょう。


建築で使う寸法の一覧を下記に整理しました。


mm(みりめーとる)

m(めーとる)

cm(せんちめーとる)

1間(いっけん)=60寸=1818mm

半間(はんけん)=30寸=910mm

1尺(いっしゃく)=10寸=303mm

1.5尺(1尺5寸)=455mm

1寸(いっすん)=30.3mm


寸、尺、間などの単位系を、尺貫法といいます。現在の建築図面は、寸法を尺貫法で表すことは少ないです。mm、mなどのSI単位系が用いられます。※SI単位系の意味は、下記の記事が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


ただし、1800mm、910mm、300mm、455mmのような寸法、スケール感は、現在の建築物にも幅広く使われています。


例えば、胴縁や母屋のピッチは、上記の寸法とすることが多いです。また、外壁パネルの幅も、300、600mmなどの寸法が使われます。是非、理解してください。


下記の記事も参考になります。

尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算

寸とは?1分でわかる意味、長さと計算、読み方、1寸5分、尺との関係

単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算

長さの単位と記号

建築で使う長さの単位の記号は、下記です。


L ⇒ 物や建築物の長さ

t(小文字で書くことが多い) ⇒ 物や建築物の厚さ

H ⇒ 物や建築物の高さ

W ⇒ 物や建築物の幅


これらの記号は、建築図面で特に注釈なしに使われます。建築図面を読むためにも、是非覚えてください。※下記の記事も参考になります。

厚みのtとは?1分でわかる意味、表記法、読み方、寸法と単位の関係

まとめ

今回は建築で使う長さの単位について説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築図面で使う長さの単位は、主に「mm」です。昔は、寸や尺、間を使っていました。1尺が何mmになるか理解しましょう。下記の記事も参考にしてください。

尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算

寸とは?1分でわかる意味、長さと計算、読み方、1寸5分、尺との関係

単位の間とは?1分でわかる意味、一間の読み方、計算、mとの換算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築で使う長さの単位は?1分でわかる意味、記号、単位、寸法の一覧