1. HOME > 基礎構造を学ぶ > はかま筋とは?1分でわかる意味、ピッチ、設計、計算、付着長さ

はかま筋とは?1分でわかる意味、ピッチ、設計、計算、付着長さ

はかま筋とは、フーチング上端に配置する鉄筋です。主にひび割れ防止などの目的で配筋されます。また、杭基礎のフーチングでは、杭の引き抜き力伝達のために、計算上はかま筋が必要です。今回は、はかま筋の意味、ピッチ、設計法と計算、付着長さについて説明します。

はかま筋とは?

はかま筋とは、フーチング下端に配置する鉄筋です。下図に、はかま筋とベース筋の関係を示しました。

はかま筋とベース筋

はかま筋は、直接基礎の場合、計算上不要な鉄筋です。よって、昔の配筋規準や基礎の図面をみると、はかま筋をいれていないフーチングも多くあります。


最近は、耐久性の観点(ひび割れ防止など)から、はかま筋を入れることが当たり前となりました。


またベース筋は、基礎スラブに作用する応力を負担する鉄筋です。※ベース筋については下記の記事が参考になります。

ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ

はかま筋のピッチ

はかま筋のピッチと本数は、一般的に

・200ピッチかつ奇数本、ベース筋と同様の本数


とします。はかま筋は計算上不要な鉄筋なので、基礎の外形が決まると自動的に本数がわかります。例えば基礎形状が1.0m×1.0mのとき、はかま筋の本数は

・(1000-140)/200=4.3⇒ 5.0本


です。また鉄筋径は、D13が普通です。つまり5-D13がはかま筋の本数です。


また施工を簡単にするため、ベース筋と同じ本数にすることも多いです。ベース筋は計算により決定します。※ベース筋については下記の記事が参考になります。

ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ


計算で決めたベース筋が6-D16のとき、はかま筋は6-D13とするのです。

はかま筋の設計と計算法

はかま筋は、普通、構造計算をしません。ただし、杭基礎で引き抜き力や杭曲げを負担させる場合、はかま筋が引張り鉄筋となります。※杭の引き抜き力による、はかま筋の計算法は下記の記事が参考になります。

はかま筋の付着長さ

はかま筋は応力を負担しないので、付着長さの規定は該当しませんが、ベース筋と同程度に付着長さをとってもよいでしょう。※ベース筋の付着長さについては、下記の記事が参考になります。

ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ

また前述したように、杭基礎のフーチングでは、はかま筋も引張鉄筋となるので、所定の付着長さを要します。

まとめ

今回は、はかま筋について説明しました。はかま筋は計算上不要な鉄筋ですが、最近はどんなフーチングでも、はかま筋をいれています。はかま筋の本数、ピッチの考え方など覚えておきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > はかま筋とは?1分でわかる意味、ピッチ、設計、計算、付着長さ