1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎スラブとは?1分でわかる意味、部分、配筋、設計法

基礎スラブとは?1分でわかる意味、部分、配筋、設計法

基礎スラブとは、上部構造の応力を地盤に伝えるための構造部材です。フーチング基礎の場合、「フーチング」が基礎スラブです。また、ベタ基礎ではスラブ(耐圧版)が基礎スラブに該当します。今回は、基礎スラブの意味と部分、配筋、設計法について説明します。

基礎スラブとは?

基礎スラブとは、上部構造の応力を地盤に伝えるための構造部材です。基礎形式により、基礎スラブの部分が異なります。下記に基礎形式と基礎スラブの関係を整理しました。

・フーチング基礎(独立基礎)  フーチング

・フーチング基礎(布基礎)   フーチング

・ベタ基礎           スラブ(耐圧版)


また、各基礎形式については下記の記事が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴


下図をみてください。例えばフーチング基礎の場合、赤枠部分が基礎スラブです。

独立基礎とフーチング

基礎スラブの設計法と配筋

基礎スラブの配筋は、基礎形式により異なります。各基礎形式について説明します。

フーチング基礎(独立基礎、布基礎)

フーチングの配筋は、主として下記の鉄筋をいれます。

・ベース筋

・はかま筋


ベース筋とは、上部構造の重量により生じる地盤からの反力(地反力)に対する鉄筋です。よってベース筋が構造的に重要な鉄筋となります。詳細は下記の記事が参考になります。

接地圧(地反力)とフーチングの断面算定

地反力について


基礎スラブを幅の広い片持ち梁と考え、地反力による応力を負担できるだけのベース筋をいれます。ベース筋については下記の記事が参考になります。

ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ

はかま筋は、計算上必要のない鉄筋ですが、ひび割れ防止などの目的で配筋されます。また、杭基礎で、引抜力が作用する場合、はかま筋を計算上有効な鉄筋と考えることもあります。


最近は、直接基礎、杭基礎にかかわらず、はかま筋は必ず入れます。ただ、昔の配筋基準をよむと、直接基礎のはかま筋は不要と考えている図面もよくみます。

スポンサーリンク
 

ベタ基礎

ベタ基礎の基礎スラブは、「スラブ(耐圧版)」です。耐圧版については下記の記事が参考になります。

耐圧版の基礎知識、土間コンクリートとの違い


配筋は、スラブと同じですが地反力に対して必要鉄筋量を算出します。地反力は普通、数十kN/uもの値なので、一般スラブに比べると厚みや鉄筋量が多くなります。例えば、

・t=200または250、D13@100またはD16@100


あるいはもっと多くの厚み、配筋が必要になります。これは計算で確認しましょう。計算方法としては、スラブの計算と同じです。スラブの計算については下記の記事が参考になります。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

基礎スラブとフーチング基礎の違い

基礎スラブとフーチング基礎の違いは、下図をみれば理解できると思います。

基礎スラブとフーチング基礎の関係

基礎スラブとは、上部構造の応力を地盤に伝える構造部材の「総称」です。フーチング基礎の、フーチング部分も基礎スラブですし、ベタ基礎のスラブも基礎スラブです。


より具体的な名称が「フーチング」、それらの総称が「基礎スラブ」と考えてよいでしょう。またフーチング基礎とは、フーチングにより上部構造の応力を地盤に伝える基礎のことです。

まとめ

今回は基礎スラブについて説明しました。基礎スラブという用語は、鉄筋コンクリート構造計算規準にて、明確に定義されています。基礎スラブとフーチング、スラブなど似た用語が多いので、実務者でも誤った使い方をします。違いを明確に理解しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎スラブとは?1分でわかる意味、部分、配筋、設計法