1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎のパイルキャップとは?1分でわかる意味、フーチング、杭、鋼管杭との関係
スポンサーリンク

基礎のパイルキャップとは?1分でわかる意味、フーチング、杭、鋼管杭との関係

基礎のパイルキャップとは、杭に荷重を伝える鉄筋コンクリートの塊です。パイルキャップは英語で「pile cap」で、杭の蓋を意味します。似た用語に「フーチング」があります。杭に用いる場合、パイルキャップと同様の役割があります。今回はパイルキャップの意味、フーチング、杭、鋼管杭との関係について説明します。


フーチング、杭とパイルキャップの関係は、下記が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

杭頭とは?1分でわかる意味、読み方、杭頭処理工法、固定度

基礎のパイルキャップとは?

基礎のパイルキャップとは、杭に荷重を伝える鉄筋コンクリートの塊です。フーチングともいいます。下図をみてください。これがパイルキャップです。

パイルキャップ

パイルキャップは杭、地中梁、基礎柱と一体化します。上部構造の重量や地震時の力を、杭に伝達するため、大きなサイズが必要です。


パイルキャップの断面は、例えば、下記の手順で決めます。


・杭の間隔、へり空きの基準より縦と横の長さを決定する。

・高さは、杭頭補強筋の溶接長、長さより決定する。

・上記より決定した断面で、配筋やせん断強度、ねじり耐力などの検討を行う。

・計算で不足する場合、断面を大きくする。


パイルキャップの断面は、まずは杭径に応じて決めます。杭のへり空き、間隔は杭の種類や工法により違います。詳細は、下記が参考になります。

杭芯とは?1分でわかる意味、出し方、読み方、間隔、杭芯ずれ


パイルキャップの高さは、杭頭補強筋の長さや溶接長で決定します。杭頭、杭頭補強筋の詳細は、下記が参考になります。

杭頭とは?1分でわかる意味、読み方、杭頭処理工法、固定度

杭頭補強筋とは?1分でわかる意味、計算、鉄筋の定着長さ、溶接長


仮の断面を決定した後は、配筋やせん断力の検討を行います。計算方法は、鉄筋コンクリート構造計算規準に詳しく書いてあります。下記の書籍です。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説〈2010〉

スポンサーリンク

パイルキャップとフーチングの違い

パイルキャップは、杭基礎にのみ使う用語です。一方、フーチングは直接基礎でも使います。両者とも、上部構造の重量を支える鉄筋コンクリートの塊です。フーチングの意味は、下記が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

パイルキャップと杭、鋼管杭との関係

コンクリート系の既製杭、鋼管杭共に、パイルキャップは必要です。ただし、杭の間隔やへり空きの考え方が違うので注意してください。例えば、あるメーカーの鋼管杭では杭芯間隔を、


D+Dw以上


としています。Dは杭体の径、Dwは杭先端の羽根径です。鋼管杭は軸部が細いですが、羽根径は太いです。鋼管杭の意味は、下記が参考になります。

鋼管杭とは?1分でわかる意味、特徴、施工方法、メーカーの種類

まとめ

今回はパイルキャップについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。パイルキャップは、杭に重量を伝える鉄筋コンクリートの塊です。フーチングともいいます。パイルキャップの目的、杭との関係、杭頭の意味など、併せて勉強しましょうね。下記が参考になります。

杭頭とは?1分でわかる意味、読み方、杭頭処理工法、固定度

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎のパイルキャップとは?1分でわかる意味、フーチング、杭、鋼管杭との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事