1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 耐圧版の基礎知識、土間コンクリートとの違い

耐圧版の基礎知識、土間コンクリートとの違い

基礎の役割を持つ床を耐圧版といいます。耐圧版は土間コンクリートと違い、建物を支える役割があるため、厚みや配筋を大きくします。今回は、耐圧版の基礎知識や土間コンクリートとの違い、耐圧版の設計について説明します。

耐圧版とは?

耐圧版は、建物の重さを支える役割を持つ床のことです。


後述しますが、スラブや土間コンクリートと分けて表記します。また耐圧版は、「べた基礎」という言い方もします(こちらが一般的でしょうか)。※べた基礎については下記の記事が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

ベタ基礎の耐震性と構造的な特徴


下図をみてください。耐圧版は、このように厚みが200mm以上で、配筋はダブル配筋が通常です。D13又はD16など普通のスラブに比べて太めの鉄筋を使います。

耐圧版について

耐圧版は、要するに鉄筋コンクリート造の床なのですが、普通の床(スラブ)よりも厚く鉄筋量も多いので、建物の重量を支えることが可能です。また下図のように、ピット下の床が耐圧版のケースあります。

ピット下の耐圧版

但し、建物の重量を杭基礎や独立基礎、布基礎で支えるのなら、ピット下の床は「土間コンクリート」で良いでしょう。


ピットは配管やメンテナンスの際に必要で、常時利用しません。そのため、配筋量も少なく版厚も薄い土間コンクリートにします。なお、ピットを水槽の代わりにする場合は、その重量を適切に伝達するため、「スラブ」にします。


つまり、ピット下の床は「必ず耐圧版にするわけでは無い」ので、注意しましょう。

耐圧版と土間コンクリートの違い

耐圧版は、建物の重量を支える基礎です。一方、土間コンクリートは、一見耐圧版やスラブと同じように鉄筋コンクリート造の床ですが、耐力はほとんどありません。


地盤が沈下した場合、土間コンクリートは不同沈下を起こし上部構造にも影響を及ぼすでしょう。その点、耐圧版は地盤の支持力を検討し、必要な厚みなどを計算で確認しているので安心です。

耐圧版とスラブの違い

スラブは、固定荷重や積載荷重を支える床です。耐圧版は、固定+積載荷重はもちろん上部構造の重さ全てを支える「基礎」の役割です。見た目は似ていますが、支える重量が全く違います。

 

耐圧版の設計方法

耐圧版は、べた基礎と同様の計算を行います。具体的には、地盤の地耐力Raに対して、建物の平米あたりの重量W/Aが下回っていれば良いです。つまり、


の関係を確認します。また、得られた地反力(接地厚)に対して、耐圧版の厚みや配筋が適切か確認します。基礎の地耐力の検討方法や、べた基礎の設計法は下記の記事が参考になります。

地耐力の算定

まとめ

今回は耐圧版について説明しました。耐圧版は、建物重量を支える基礎、と覚えておきましょう。見た目は鉄筋コンクリート造の床と同じですが、厚みや配筋が一般のスラブに比べて大きめなので判断できます。また図面上で耐圧版は、スラブや土間コンクリートと分けて表記しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 耐圧版の基礎知識、土間コンクリートとの違い