1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 底版とは?1分でわかる意味、読み方、底盤や底板との違い、長さ

底版とは?1分でわかる意味、読み方、底盤や底板との違い、長さ

底版とは、荷重を負担する基礎部材で、鉄筋コンクリート版の総称です。「版」とは、厚みに対して長さや幅が大きな部材のことです。似た用語でスラブ、床板があります。今回は底版の意味、読み方、底盤、底板との違い、底版の長さについて説明します。※スラブ、床版の意味は、下記の記事が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

床版とは?1分でわかる意味、読み方、種類、橋梁、コンクリートとの関係

底版とは?

底版とは、荷重を受ける基礎部材で、鉄筋コンクリート版の総称です。「版」は、厚みに対して長さや幅が大きな部材です。下図をみてください。擁壁は、土圧を受ける壁と底版で構成される工作物です。

擁壁

また、建物の基礎として「ベタ基礎」があります。ベタ基礎のことを、底版という方もみえます。※ベタ基礎は下記の記事が参考になります。

ベタ基礎の耐震性と構造的な特徴


擁壁の底版は、壁の高さと同じくらいの幅で、連続的な長さがあります。下図をみてくださいね。

擁壁の底版

底版の読み方

底版は、「ていばん」と読みます。なお、底盤、底板も同じ読み方です。また、床版は「しょうばん」です。※床版の意味は、下記の記事が参考になります。

床版とは?1分でわかる意味、読み方、種類、橋梁、コンクリートとの関係

底版、底板、底盤の違い

底版、底板、底盤の違いを下記に整理しました。3つとも同じ意味で使います。個人的には、底版を使うことが多いです。「板」と書くと、木の板を連想します。「盤」と書くと、電気の盤を連想するからです(個人的な意見です)。建築業界では、底版を使うことが多いと思います。

スポンサーリンク
 

底版と床版の違い

底版と床版の違いを下記に整理しました。


底版 ⇒ 鉄筋コンクリートによる基礎部材で、鉄筋コンクリート版のこと。版とは、厚みに対して長さや幅が大きい部材。※併せてスラブの意味をご確認ください。

床版 ⇒ 鉄筋コンクリート床のことです。スラブともいいます。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

擁壁の底版の長さと幅

擁壁の底版の長さと幅は下記のように決めます。


底版の長さ ⇒ 土圧を受ける長さが必要

底版の幅 ⇒ 壁が受ける土圧に対して、構造計算で決める。幅が長い方が、構造的には有利


擁壁の計算は、下記の記事が参考になります。

L型擁壁と逆L型擁壁とは?

底版とフーチングの関係

底版とフーチングの違いを下記に整理します。


底版 ⇒ 厚みに対して、長さや幅が大きな鉄筋コンクリート造の基礎部材

フーチング ⇒ 基礎部材で、所定の幅やせいをもつ鉄筋コンクリート部材


底板は、厚みに対して幅が大きく、連続的な長さをもちます。一方、フーチングは、長さや幅の大きさが限定的です。フーチングの厚み(せい)も、幅や長さと同程度に大きいです。※フーチングの意味は、下記の記事が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

まとめ

今回は底版について説明しました。意味が理解頂けたと思います。底版は、荷重を負担する基礎部材で、鉄筋コンクリート版のことです。底版は専門用語ですが、建築では一般的に使います。必ず覚えてくださいね。また、底版、底板、底盤と3つの用語があります。どれも同じ意味、同じ読み方です。個人的には、底版をよく使います。底版の長さは構造計算で確認します。擁壁の計算法も併せて確認しましょう。※下記の記事が参考になります。

L型擁壁と逆L型擁壁とは?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 底版とは?1分でわかる意味、読み方、底盤や底板との違い、長さ