1. HOME > 基礎構造を学ぶ > ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ

ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ

ベース筋とは、基礎スラブに生じる応力を負担する鉄筋です。よってベース筋は、構造的に重要です。今回は、ベース筋の意味、設計法、はかま筋との違い、ベース筋の付着長さについて説明します。※基礎スラブについては下記の記事が参考になります。


基礎スラブとは?1分でわかる意味、部分、配筋、設計法

ベース筋とは?

ベース筋は、基礎スラブに生じる応力を負担する鉄筋です。下図がベース筋です。

ベース筋

基礎スラブには、下図のように「地反力」が生じます。※地反力については下記の記事が参考になります。

地反力について


地反力が外力として、基礎スラブに作用するとき、基礎スラブには下図の応力が作用します。

基礎スラブの応力と荷重


この曲げモーメントに対して配置する鉄筋が、ベース筋です。よってベース筋は地反力が大きいほど多く入ります。また、基礎スラブを、幅の広い片持ち梁とみなせば、スパンが長いほど応力が大きくなり鉄筋量が増えます。※片持ち梁については下記の記事が参考になります。

片持ち梁とは?1分でわかる構造、様々な荷重による応力と例題


ベース筋は一般的に

・200ピッチ程度かつ奇数本


で配筋します。もちろん計算で、より多くの鉄筋本数がひつよな場合、上記の限りではありません。例えば、下図の1.0m×1.0mの基礎スラブがあります。計算するまで、ベース筋の本数はわかりませんが、

・ベース筋の本数=(1000―140)/200=4.3本 ⇒ベース筋は5本程度


とします。奇数本とする理由ですが、施工しやすいからです。偶数本の場合、ピッチを計算しないと鉄筋が並びません。しかし奇数本であれば、両側に2本と真ん中に1本は確定です。あとは、本数に応じて等間隔に配置すれば、ピッチを計算しなくても配筋できます。

ベース筋の設計法

ベース筋は、地反力による曲げモーメントを負担する鉄筋です。下図をみてください。フーチングに地反力が作用するとき、柱面を固定端とした片持ち梁とみなせます。

地反力

梁と同様の計算で引張鉄筋を算定します。それがベース筋です。詳細は、下記の記事が参考になります。

接地圧(地反力)とフーチングの断面算定

ベース筋の付着長さ

ベース筋は、フーチング内に納めるので、他部材に定着しません。ただし付着長さは必要です。存在応力度に対して必要な付着長さを計算し、足りなければフックをつけます。ちなみに、鉄筋コンクリート構造計算基準では、引張鉄筋の最小付着長さは「300mm」としています。


ベース筋の付着長さのチェックは、下本に計算例が紹介してあります。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説〈2010〉

ベース筋とはかま筋の違い

ベース筋とはかま筋の違いは明確です。下記に整理しました。

・ベース筋 地反力による応力を負担する鉄筋

・はかま筋 計算上不要だが、ひび割れ防止のため配置した鉄筋(例外もある)


はかま筋の詳細は、下記の記事が参考になります。

はかま筋とは?1分でわかる意味、ピッチ、設計、計算、付着長さ

まとめ

今回は、ベース筋について説明しました。ベース筋の意味が理解頂けたと思います。配筋の決め方は覚えておきたいですね。鉄筋コンクリート構造計算規準に細かく規定が書いてあります。また、鉄筋コンクリート造の計算は、下記の書籍も参考になります。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説〈2010〉

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ