1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 連続フーチング基礎とは?1分でわかる意味、高層建築物、独立基礎との関係

連続フーチング基礎とは?1分でわかる意味、高層建築物、独立基礎との関係

連続フーチング基礎とは、フーチングが連続して配置された基礎です。布基礎とも言います。また、柱位置にのみ配置される基礎を、独立基礎といいます。今回は、連続フーチング基礎の意味、高層建築物との関係、連続フーチング基礎と布基礎、独立基礎との違いについて説明します。※建築物の基礎の種類は、下記の記事が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

連続フーチング基礎とは?

連続フーチング基礎とは、フーチングが連続して配置された基礎です。布基礎と同じ意味です。逆に、柱位置にのみフーチングを配置する基礎を、独立基礎といいます。


下図をみてください。これが連続フーチング基礎です。

連続フーチング基礎

連続フーチング基礎は、建物の長さ、幅だけのフーチングを連続して配置します。建物の重量を、連続したフーチングで支える構造です。独立基礎に比べて、支持地盤と基礎の接地面が大きいのが特徴です。


建物の特性にもよりますが、独立基礎より経済的に設計することも可能です。

連続フーチング基礎と高層建築物の関係

連続フーチング基礎は一般的な2階建て住宅に多く用いられます。高層建築物だからといって、連続フーチング基礎が採用できないことは無いです。


ただし、高層建築物は水平力による影響が大きく、基礎への応力が増えます。また、水平力による「引抜力」が大きいので、支えとなる「重り」が必要です。


連続フーチング基礎で、上記の対応が可能か判断すべきですね。

連続フーチング基礎と布基礎の違い

連続フーチング基礎と布基礎は、同じ意味と考えてください。両者とも、連続したフーチングを配置し、支持地盤と基礎との接地面積を増やしています。

連続フーチング基礎と独立基礎の違い

連続フーチング基礎と独立基礎の違いを下記に整理しました。


・連続フーチング基礎 ⇒ フーチングを連続して配置した基礎。地中梁の無い独立基礎に比べると、基礎と支持地盤の接地面積が多い。フーチングの幅を小さくすることが可能

・独立基礎 ⇒ 柱の真下に配置した単体のフーチングのこと。柱毎に独立して配置されるので、独立基礎という。独立基礎は、地中梁(基礎梁)と一体で配置することが多い。

まとめ

今回は連続フーチング基礎について説明しました。意味が理解頂けたと思います。連続フーチング基礎は、フーチングが連続して配置された基礎です。布基礎と同じ意味ですね。連続フーチング基礎は、フーチングを連続して配置するため、支持地盤との接地面積を多くとれます。連続フーチング基礎の特徴、布基礎との違い、独立基礎との違いについて理解しましょう。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 連続フーチング基礎とは?1分でわかる意味、高層建築物、独立基礎との関係