1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 住宅の基礎とは?1分でわかる種類、鉄筋、手順
スポンサーリンク

住宅の基礎とは?1分でわかる種類、鉄筋、手順

建築物には必ず、基礎があります。基礎は、建物を支える構造部材です。当然、住宅にも基礎があります。今回は、住宅の基礎の種類、基礎の鉄筋、基礎の工事の手順について説明します。


基礎の種類は、下記の記事が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴


鉄筋の規格は、下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

住宅の基礎とは?

住宅には基礎があります。基礎とは、住宅が沈下や傾きが生じないよう設ける構造部材です。下図を見てください。これが住宅の基礎の1つです。

基礎は建物を支える役割があります。基礎構造は、主に下記の種類があります。


杭基礎

直接基礎


地盤が軟弱な場合や、規模の大きな建築物では杭基礎を用います。地盤が良い場合や、住宅のように、比較的重量の軽い建築物は、直接基礎とすることが多いです。※直接基礎の意味、特徴は下記の記事が参考になります。

直接基礎とは?1分でわかる種類、設計方法、地盤改良、杭基礎との違い

住宅の基礎の種類

住宅の基礎は、主に下記の種類があります。


布基礎

ベタ基礎


上記の2つを特に使います。下図に布基礎とベタ基礎を示します。

布基礎、ベタ基礎の意味、特徴は下記の記事が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴


住宅は、比較的重量が軽いです。よって基礎も小さな形状で済みます。なお、地盤が悪い場合、地盤改良や小径の鋼管杭を用いることもあります。※地盤改良、鋼管杭の意味は、下記の記事が参考になります。

地盤改良とは?1分でわかる意味、工法の種類、表層改良と柱状改良

鋼管杭とは?1分でわかる意味、特徴、施工方法、メーカーの種類


なお、直接基礎の1つとして、独立基礎があります。住宅では、独立基礎を使うことは少ないです。

住宅の基礎と鉄筋

基礎の重要な鉄筋に、


ベース筋


があります。基礎に生じる力に抵抗する鉄筋です。ベース筋の意味は下記の記事が参考になります。

ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ

住宅の基礎の工事の手順

基礎工事の大まかな手順を下記に整理しました。


根切り

砕石・捨てコン敷き

配筋

型枠組み

コンクリート打設

養生


根切りとは、基礎をつくるため地盤を掘る(掘削という)ことです。所定の基礎深さに応じて、地盤を掘ります。根切りの後、砕石および捨てコンを敷きます。※砕石、捨てコンの意味は、下記の記事が参考になります。

基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格

捨てコンクリートの基礎知識と、役割


その後、配筋を行います。配筋の意味は、下記の記事が参考になります。

配筋とは?1分でわかる意味、読み方、種類、配筋検査、鉄筋の名称


配筋が終わった後は、型枠を組んでコンクリート打設です。コンクリートが固まるまで、所定の日数は養生を行います。※養生の意味は、下記の記事が参考になります。

コンクリートの養生とは?1分でわかる意味、養生日数、温度、湿潤養生

まとめ

今回は住宅の基礎について説明しました。意味が理解頂けたと思います。全ての建築物に、基礎が必要です。住宅の基礎は、主に布基礎かベタ基礎を採用します。布基礎とベタ基礎の意味、特徴を理解しましょう。また、大まかな基礎工事の手順を覚えるといいですね。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 住宅の基礎とは?1分でわかる種類、鉄筋、手順