1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 連続基礎とは?1分でわかる意味、配筋、フェンス、布基礎との違い
スポンサーリンク

連続基礎とは?1分でわかる意味、配筋、フェンス、布基礎との違い

連続基礎とは、柱と柱の間に連続する基礎です。柱や壁の重量を支持します。住宅などの小規模建築物の基礎として採用することが多いです。また、連続基礎を布基礎ともいいます。今回は連続基礎の意味、配筋、フェンスとの関係、布基礎との違いについて説明します。


その他の基礎形式として独立基礎、ベタ基礎があります。詳細は下記が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

連続基礎とは?

連続基礎とは、柱と柱の間に連続する基礎です。下図をみてください。これが連続基礎です。


連続基礎


また、連続基礎を布基礎ともいいます。独立基礎は柱下だけ、ベタ基礎は建物全体に基礎があるので、連続基礎は、独立基礎とベタ基礎の中間的な基礎の配置方法ですね。


独立基礎、ベタ基礎の意味は下記が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

スポンサーリンク

連続基礎の読み方

連続基礎は「れんぞくきそ」と読みます。関係用語の読み方は下記です。


布基礎 ⇒ ぬのぎそ(ぬのきそ)

独立基礎 ⇒ どくりつぎそ(どくりつきそ)

連続基礎と布基礎の違い

連続基礎と布基礎は同じ意味です。なお、建築基準法では「布基礎」が使われています。

連続基礎の配筋

連続基礎の配筋を下図に示します。


連続基礎の配筋


連続基礎の底版、壁の厚み、配筋量は、建築基準法以上とする必要があります。例えば、連続基礎の底版の厚みは150mm以上とします。連続基礎の配筋の計算方法は、下記が参考になります。

布基礎の接地圧と配筋の決め方


また根入れ深さにも注意してください。布基礎はGL−240以上を基礎底とします。ベタ基礎の根入れ深さはGL−120以上なので、布基礎の方が基礎底が深いです。基礎底の意味は下記が参考になります。

基礎底とは?1分でわかる意味、基礎底面との違い、根切り、直接基礎の支持力

連続基礎とフェンスの関係

連続基礎は柱と柱の間に連続する基礎です。建築物だけでなく、鋼製フェンスのような連続する構造物を支える基礎としても用います。

まとめ

今回は連続基礎について説明しました。意味が理解頂けたと思います。連続基礎は、柱と柱の間に連続する基礎です。柱、壁の重量を支えます。建築基準法で、連続基礎の構造方法が規定されています。根入れ深さ、底版の厚み、壁の厚み、配筋量など、漏れの無いよう設計したいですね。下記も参考にしてください。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

布基礎の接地圧と配筋の決め方

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

QRコードでLINEの友だちを追加↓↓

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 連続基礎とは?1分でわかる意味、配筋、フェンス、布基礎との違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事