建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME >基礎構造を学ぶ> 杭基礎とは?1分でわかる意味、設計、杭工事の手順、支持層、フーチングの配筋

杭基礎とは?1分でわかる意味、設計、杭工事の手順、支持層、フーチングの配筋

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


杭基礎とは、「杭」とよばれる円筒(えんとう)の柱を支持層に到達させることで、建物を支持する基礎です。支持層が深い場合、液状化が起きる場合など、杭基礎を用います。今回は杭基礎の意味、設計、杭工事の手順、杭基礎と支持層、フーチングの配筋について説明します。


杭の意味、読み方、種類については下記が参考になります。

杭の読み方は?1分でわかる意味、建築業界での使い方

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

公式LINEで構造力学の悩み解説しませんか?⇒ 1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を配信。構造に関する質問も受付中

杭基礎とは?

杭基礎とは、杭とよばれる円筒の柱を支持層に到達させ、建物を支持する基礎です。下図をみてください。これが杭基礎です。

杭基礎

杭基礎は2つの部材からなります。「杭」と「フーチング」です。フーチングは、鉄筋コンクリートの塊と考えてください。杭とフーチングはしっかり接合し、一体化させます。※フーチングの意味は、下記が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係


支持層が浅い場合、支持層に直接フーチングを設置し、建物を支持する直接基礎が採用されます。※直接基礎の意味、特徴は下記が参考になります。

直接基礎とは?1分でわかる種類、設計方法、地盤改良、杭基礎との違い


日本は支持層が深い地盤が多いです。支持層が何十メートルもあると、そこまでフーチングをつくるのが困難です。そこで、杭を使うのです。杭は円筒で、細長い部材が多いです。地中に設置する「柱」と考えてもよいですね。


また、杭には


支持杭

摩擦杭


があります。下記が参考になります。

支持杭とは?1分でわかる意味、支持力、摩擦杭との違い、n値の関係

摩擦杭ってなに?現役設計者が教える摩擦杭の特徴と、メリット・デメリット

杭基礎の設計

杭基礎の設計は、下記の項目をチェックします。


・杭の支持力(地盤の支持力)の計算、建物の重量との比較

・杭の断面算定(水平力の検討)

・フーチングの断面算定

・杭とフーチングの接合部の検討

・液状化による影響、負の摩擦力による影響の確認


杭の支持力などは、下記が参考になります。支持杭と摩擦杭で計算式が変わります。

極限支持力とは?1分でわかる意味、許容支持力との違い、求め方、安全率


前述したように、杭とフーチングの接合部分(杭頭接合部)の検討や、液状化による影響、負の摩擦力による影響などを考慮します。※杭頭接合部、負の摩擦力の意味は、下記が参考になります。

ネガティブフリクションとは?1分でわかる意味、原理、沈下の関係、対策

杭基礎と支持層の関係

支持層が地面から数十メートル下にあると、直接基礎では困難です。杭は支持層に到達させ、ある程度根入れ(杭を支持層の中に入れること)させます。これは各杭メーカーの仕様を確認しましょう。


※支持層の意味は、下記が参考になります。

支持層とは?1分でわかる意味、定義、深さ、厚さ、n値との関係

杭基礎とフーチングの配筋

下図をみてください。1本打ちの杭(1つのフーチングに対して、1本の杭)は、柱から伝わる軸力と、杭の支持力が、そのまま釣り合います。フーチングは、鉄筋が負担するような応力が作用しません。※もちろん鉄筋は配置します。

杭基礎と1本打ちの杭

しかし、2本打ちの杭になると、柱から伝わる軸力が、杭に伝わるまで距離があります。これは梁と同様に、曲げモーメントで伝達します。


つまり、フーチングは曲げモーメントによる引張鉄筋を配置します。

杭基礎と2本打ちの杭

詳細な計算方法は、下記の書籍に書いてあります。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説

杭基礎と杭工事の手順

杭基礎をつくるための、杭工事の手順を簡単に説明します。なお、杭工法は最も一般的なプレボーリング工法(セメントミルク工法)とします。下記に整理しました。


・基礎構造をつくるため、根切り行う

・オーガーなどで、支持層まで地盤の掘削を行う。※このとき、掘削液を注入

・所定の深度に到達したあと、根固め液を注入。※根固め液は、支持力を確保するため必要なもの

・オーガーを引き上げる。※根固め液、杭周固定液を注入しながら引き上げ

・上記よりつくられた孔に、杭を挿入する。


※プレボーリング工法とは、あらかじめつくった孔に、杭を後で挿入する方法です。下記も参考になります。

既製杭とは?すぐに分かる種類、長さ、へり空き、間隔について

中掘り工法とは?1分でわかる意味、プレボーリング工法との違い、先端開放杭との関係

まとめ

今回は杭基礎について説明しました。意味が理解頂けたと思います。杭基礎は、杭を用いた基礎です。支持層が深い場合、杭基礎が必要です。杭基礎の意味、特徴など覚えてくださいね。杭の種類も重要です。下記も合わせて参考にしてください。

既製杭とは?すぐに分かる種類、長さ、へり空き、間隔について

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭基礎とは?1分でわかる意味、設計、杭工事の手順、支持層、フーチングの配筋
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事