1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 粗粒分とは?1分でわかる意味、読み方、細粒分との違い、工学的分類法

粗粒分とは?1分でわかる意味、読み方、細粒分との違い、工学的分類法

粗粒分とは、75μmから75mmまでの土粒子です。比較的、粗い径の土粒子のことです。粗粒分には砂、礫があります。75μm以下の土粒子を、細粒分といいます。細粒分には、シルト、粘土があります。今回は粗粒分の意味、読み方、細粒分との違い、工学的分類法について説明します。粘性土、砂質土は下記の記事が参考になります。

粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角

砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係

粗粒分とは?

粗粒分とは、径が75μmから75mmまでの土粒子です。砂や礫が粗粒分に該当します。また、砂は細砂、粗砂に分類されます。礫は、細礫、中礫、粗礫に分けられます。下図をみてください。粒径に応じた、土粒子の種類です。

粗粒分と粒径

土の種類は、「地盤材料の工学的分類法」より分類されます。上記を覚えると、土の分類もスムーズに理解できますよ。

粗粒分の読み方

粗粒分は「そりゅうぶん」と読みます。細粒分は「さいりゅうぶん」です。なお、関連する用語の読み方を下記に整理しました。


粗粒土 ⇒ そりゅうど

細粒土 ⇒ さいりゅうど

細粒分含有率 ⇒ さいりゅうぶんがんゆうりつ

粗粒分と細粒分の違い

粗粒分と細粒分の違いを下記に整理しました。


粗粒分 ⇒ 75μmから75mmまでの土粒子のこと。砂、礫のこと

細粒分 ⇒ 75μmより小さい土粒子のこと。シルト、粘土のこと


粗粒分は、径の大きな土粒子、細粒分は径の小さな土粒子と覚えてください。

地盤の工学的分類法

地盤材料の工学的分類法により、下記などが分類されます。


・土の大分類

・粗粒土の分類体系

・細粒土の分類体系


土の大分類とは、


・礫質土

・砂質土

・粘性土

・有機質土

・火山灰質粘性土

・高有機質土

・人口材料土


は、どういった条件の土が該当するか示したものです。例えば、礫質土は

です。※礫質土は下記の記事が参考になります。

砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係


なお、粗粒分を50%以上含む土を粗粒土といいます。粗粒土には礫、砂混じり礫、細粒分まじり礫など色々な種類があります。


土の種類は、径だけでなく、含有率、液性限界、観察により分類されます。

まとめ

今回は粗粒分について説明しました。意味が理解頂けたと思います。粗粒分は、径が75μmから75mmまでの土粒子です。比較的大きな土粒子で、砂や礫が該当します。また、土の分類法は、「地盤材料の工学的分類方法」で行います。土の分類は、径だけでなく、粗粒分と細粒分の含有率も関係すると覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係

粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 粗粒分とは?1分でわかる意味、読み方、細粒分との違い、工学的分類法