1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角

粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角

粘性土とは、粒径が小さい土の総称です(工学的には、粗粒分が50%以下の細粒土)。粒径が75μmの土粒子が50%以上含まれるものです。今回は粘性土の意味、読み方、特徴、液状化との関係、内部摩擦角との関係について説明します。※下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

地耐力とは?1分でわかる意味、単位、計算法、n値との関係

粘性土とは?

粘性土とは、粘土やシルトなど粒径が小さい土粒子(75μm以下)を50%以上含む土です。下図をみてください。粘土、シルト、砂、礫は粒径により分類されます。

粘性土と粒径

簡単に言うと、粘性土は「粒径の小さな土粒子がほとんどの土」ですね。また、手で触ると粘着性があるとわかります。これも粘性土の特徴です(粘土を触ったことがある方はご存知ですよね)。

粘性土の読み方

粘性土は、「ねんせいど」と読みます。砂質土は「さしつど」です。

粘性土の特徴

粘性土は、簡単に言うと径の小さな土粒子で構成されています。径の小さな土粒子は、互いに結合しています。この結合による力を、粘着力といいます。粘性土は粘着力により、地盤として耐力を発揮します。粘土を触ると、くっつきますよね。あれが粘着力です。


地耐力の計算式をよむと、粘着力による項がありますね。地耐力は、下記の記事が参考になります。

地耐力とは?1分でわかる意味、単位、計算法、n値との関係

その他、粘性土の特徴を下記に整理しました。


・粘着力により耐力を発揮する

・砂質土に比べて粒径は小さい

・砂質土に比べて含水比は大きい

・砂質土に比べて単位体積重量は小さい

・透水性は低い(水を通しにくい)

・圧密沈下を起こしやすい


上記より、粘性土は圧密を起こしやすいです。圧密に伴う沈下は、長期間続くので注意が必要です。圧密、圧密沈下については下記の記事が参考になります。

圧密とは?土の圧縮性の基礎知識

圧密沈下とは?1分でわかる意味、原因、即時沈下の違い、粘性土との関係

また粒径が細かいので透水性は低いです。

スポンサーリンク
 

粘性土と液状化の関係

粘性土は弱い、と思われがちです。一般の方は、「粘性土は液状化を起こしやすい」と勘違いされます。


実は、粘性土は液状化を起こしにくい地盤です。液状化を起こしやすい地盤の多くは、下記です。


・飽和砂質土(水を含んだ砂質土)

・N値が低い(15以下)

・細粒分含有率が低い(粒径が均一のもの)


液状化は、土粒子間の結びつき(かみ合わせ)が外れて、土中に浮遊する状態です。粘性土は、土粒子同士の結合力が強いので、土粒子がバラバラになることが少ないです。

粘性土と内部摩擦角の関係

内部摩擦角は、土粒子の摩擦による抵抗を角度で表した値です。主に砂質土の強度に影響します。粘性土は、内部摩擦角を0と考えるのが普通です。

まとめ

今回は粘性土について説明しました。意味が理解頂けたと思います。粘性土は、粒径が小さく、粘着性をもった土です。地盤としての耐力は、粘着力が影響すると覚えてくださいね。地耐力の計算式も併せて確認しましょう。また、粒径と砂質土、粘性土、シルトの違いを理解しましょう。下記の記事も参考を参考にしてくださいね。

地耐力とは?1分でわかる意味、単位、計算法、n値との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角