1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係

砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係

砂質土とは、粗粒分を50%以上含み、かつ粒径が2.0mm以下の土です。粒径を超える土を礫質土といいます。今回は砂質土の意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係、液状化との関係について説明します。※粘性土については下記の記事が参考になります。

粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角

砂質土とは?

砂質土とは、下記の2つを満たす土です。


・粗粒分を50%以上含む

・粒径が2.0m以下


上記の両方を満足しないと、砂質土では無いです。例えば、粗粒分が50%以下だと、粘性土や有機質土などに分類されます。粒径が2.0mmを超えると、礫質土です。


粗粒分とは、下図に示す範囲の粒径です。簡単に言うと、粒子が細かい(75μm以下)ものが多いと粘性土になり、粒子が粗いものが多いと砂質土になりやすいです。下図の粒径の分類は大切なので、覚えてくださいね。

粒径と砂質土

砂質土の読み方

砂質土は「さしつど」と読みます。粘性土は「ねんせいど」です。

スポンサーリンク
 

砂質土の特徴

砂質土の特徴を下記に整理しました。


・地盤としての耐力は、内部摩擦角が影響する

・粘性土に比べて粒径が大きい

・粘性土に比べて単位体積重量が大きい

・透水性が大きい(水を通しやすい。排水しやすい)

・即時沈下量が大きい


砂質土は粘着力が少ないです。その代わり、土粒子のかみ合わせや摩擦により耐力を発揮します。また、透水性が高く水を通しやすいです。


圧密は起きず、即時沈下に注意が必要です。即時沈下については、下記の記事が参考になります。

即時沈下とは?1分でわかる意味、計算、圧密沈下との違い

砂質土と内部摩擦角、n値の関係

砂質土は、粘性土のように粘着力は無いです。しかし、土粒子のかみ合わせや摩擦により耐力を発揮します。土粒子の、かみ合わせ、摩擦による抵抗を角度で表した値が、内部摩擦角です。※内部摩擦角は下記の記事が参考になります。

N値、内部摩擦角とは?ざっくり地盤の特性を知る5つのTIPs


なお、n値が大きいほど、内部摩擦角も大きいです。内部摩擦角は、地盤の耐力に影響します。地耐力の計算式をご確認ください。下記の記事が参考になります。

地耐力とは?1分でわかる意味、単位、計算法、n値との関係

砂質土と液状化の関係

砂質土は、土粒子の、かみ合わせ、摩擦によって力に抵抗します。しかし、地震時には、そのかみ合わせが外れることがあります。通常時に繋がっていた土粒子の結びつきが外れ、土中に浮遊する現象を、液状化といいます。


実は、N値の低い砂質土は、液状化が起きやすい地盤です。下記に液状化が起きやすい地盤の特徴を整理しました。


・飽和砂質土

・細粒分含有率が低く、粒径が均一

・N値が小さい地盤


液状化の発生は、地震力の大きさにも関係します。小さな地震で液状化が起きなくても、大地震で液状化が生じる可能性はあります。

まとめ

今回は砂質土について説明しました。意味が理解頂けたと思います。砂質土は、粗粒分が50%以上で、粒径が2.0mm以下の土です。この2つを満足する土が砂質土だと覚えてくださいね。また、粘性土や礫質土の定義も紹介しました。併せて理解しましょう。土粒子は、粒径に応じて性質が変わります。粒径に応じて粘土、シルト、砂、礫と変化すると覚えてください。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係