1. HOME > 鋼構造の基礎 > 不等辺山形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、断面係数、材質

不等辺山形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、断面係数、材質

不等辺山形鋼は、X,Y方向で長さが異なる山形鋼です。不等辺アングルともいいます。不等辺山形鋼は、非対称断面のため構造部材として使いづらい部材です。外壁の取り付け下地などで使います。今回は、不等辺山形鋼の意味、規格、寸法や断面係数、対応可能な材質について説明します。


※長さが等辺の山形鋼を等辺山形鋼、またはアングルといいます。下記の記事が参考になります。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

不等辺山形鋼の規格、寸法、断面係数

不等辺山形鋼の規格(寸法および断面係数)を下記に示します。アングル材の断面係数はX,Yで値が同じですが、不等辺山形鋼は値が異なります。

不等辺山形鋼の規格

不等辺山形鋼の寸法をみてください。寸法のAとBで長さが違いますね。下図が不等辺山形鋼です。

不等辺山形鋼

不等辺山形鋼の材質(ss400の機械的性質、化学成分)

不等辺山形鋼の材質は、ss400のみ対応しています。※アングル材も同様の材質です。ss400はjisG3101で規定されています。機械的性質と化学成分をそれぞれ説明します。

機械的性質

不等辺山形鋼の機械的性質を下記に示します。

機械的性質

なお、厚みに応じて降伏強度が異なります。下記に示しました。


不等辺山形鋼は、柱や梁として使うことが少ないので、厚い板が必要ないでしょう。一般的に16mm以下、あるいは16mm超〜40mm以下です。

化学成分

不等辺山形鋼の化学成分は下記です。

化学成分

不等辺山形鋼は、外壁の取り付け下地などで使います。よって、ss400の材質で十分対応可能です。


また、ss400については下記の記事が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

不等辺山形鋼とは?

不等辺山形鋼とは、X,Y方向で幅が異なるアングル材です。下図をみてください。これが不等辺山形鋼です。

不等辺山形鋼

不等辺山形鋼は外壁の取り付け下地などで使います。例えば、ボルトを縦に2本打ちたいとき、ボルトを打設する部分のみ長くすることが可能です。


等辺山形鋼の場合、大きくする必要のない幅が広がって納まりが悪いです。

不等辺山形鋼の使用箇所

不等辺山形鋼の使用箇所は下記です。


断面性能が低く、非対称断面なので使いづらい部材です。不等辺のため、納まりに注意します。

まとめ

今回は、不等辺山形鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。不等辺山形鋼は非対称断面の上、X,Yで長さが異なります。構造的には使いづらい材料です。一方で、外壁の取り付けで便利な部材なので覚えておきましょう。※等辺山形鋼についても併せて理解してくださいね。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 不等辺山形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、断面係数、材質