1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築のアングルとは?1分でわかる意味、使い方、意味、用途、チャンネルとの違い

建築のアングルとは?1分でわかる意味、使い方、意味、用途、チャンネルとの違い

建築業界で使うアングルとは、鋼材の種類の1つです。ローマ字の「L」形状をしています。正式名称は山形鋼といいます。鋼は色々な形状に成形できるので、アングル以外にも、チャンネルや鋼管などがあります。今回は、建築で使うアングルの意味、使い方、用途、チャンネルとの違いについて説明します。※アングルの規格、チャンネルの規格は下記の記事が参考になります。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能

建築のアングルとは?

建築のアングルとは、鋼材の種類の1つです。下図をみてください。これがアングル材です。

ローマ字のLの形状をしていますよね。正式には、山形鋼といいます。両辺の長さが同じものを等辺山形鋼、長さが違うものを不等辺山形鋼といいます。山形鋼の規格は、下記の記事が参考になります。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

不等辺山形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、断面係数、材質


実務では山形鋼ではなく「アングル」の言い方が多いです。


鋼材には色々な形があります。所定の形をもった鋼材を、「形鋼」といいます。形鋼は下記の記事が参考になります。

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途

アングルの使い方(用途)

アングルの使い方を下記に整理しました。


アングルは、ブレースとして使うことが多いです。鉛直ブレース、水平ブレースの両方とも使います。※ブレースの意味は、下記の記事が参考になります。

ブレース構造とは何か?


また、外壁の開口補強材や外壁を留める金具として使います。下記の記事が参考になります。

開口補強材とは何か?

ALC外壁とは?1分でわかる構造、欠点、メーカー、各材料との違い


階段の踊り場や、簡易な床をつくるとき、根太としてアングル材を使います。※根太は下記の記事が参考になります。

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太


上記のように、建築物の色々な箇所に使う鋼材です。※アングル

アングルとチャンネルの違い

アングルとチャンネルは、全く違う鋼材です。下記に違いを整理しました。


形状が全く違うので、形を覚えれば違う鋼材だと気づくでしょう。なお、チャンネル材には重量溝形鋼と軽量溝形鋼の2種類があります。詳細は下記の記事が参考になります。

溝形鋼の特徴と重量溝形鋼と軽量溝形鋼について

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

アングルの規格

アングルの規格は、下記の記事が参考になります。等辺山形鋼は、2つの辺の長さが同じです。不等辺山形鋼は、2つの辺の長さが違います。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

不等辺山形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、断面係数、材質


アングルは、非対称性のある鋼材です。断面性能は、使用する向きに注意してくださいね。

まとめ

今回は建築のアングルについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。アングルはローマ字のL形の鋼材です。正式名称で山形鋼といいます。アングルの形、チャンネルの形は覚えてくださいね。実務では当たり前に使います。また、アングルには等辺山形鋼、不等辺山形鋼の2つがあることを覚えてください。鋼材には、色々な形状があります。これを形鋼といいます。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築のアングルとは?1分でわかる意味、使い方、意味、用途、チャンネルとの違い