1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

鋼材には沢山の種類があります。全てを覚えるのは一苦労です。今回は建築で使う鋼材の種類を整理しました。鋼材の用途、材質と特徴、鋼材の記号を勉強しましょう。また、鋼材を所定の形状に成形したものを形鋼といいます。形鋼は下記の記事が参考になります。

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途


鉄筋コンクリートは、異形棒鋼という鋼材を使います。一般的に「鉄筋」といいます。鉄筋は下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鋼材の種類は?

鋼材は本当に多種多様です。様々な用途や材質に応じて種類が分かれています。SS400という一般構造用の鋼材もあれば、建築専用の鋼材もあります(SN400)。建築物に使う鋼材は限られていますが、それでも十数類使い分けます。


鋼材の種類を知ることは、鋼構造(鉄骨造)の設計で大切です。

鋼材の種類一覧と特徴

鋼材には様々な種類があります。材質、形状、用途などに分類できます。鋼材を所定の形状に成形したものを「形鋼」といいます。形鋼については下記の記事で詳細に説明しています。

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途


鋼材の材質、用途別の種類は後述しました。

鋼材の材質別の種類

鋼材を材質別に分類しました。他にも材質はありますが、一般的な材質を下記に整理しています。


鋼材の材質を理解するとき、「SS」や「SN」など数字の前につく記号を覚えてください。この記号は、英語の頭文字をとった用語です。※下記の記事が参考になります。

SS,SN,SM材

鋼材の用途別の種類

鋼材を用途別に整理しました。

鋼材の種類と記号

鋼材の種類を記号で整理しました。なお、SS400の場合、「400」は鋼材の引張強度を表します。SS490の場合、引張強度が490ですね。※引張強度については下記の記事が参考になります。

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

まとめ

今回は、鋼材の種類について説明しました。鋼材の種類が理解頂けたと思います。鋼材には沢山の種類があります。全て覚える必要は無いです。基本的なSS材、SN材、SM材は覚えてください。また、柱として使うSTK材、STKR材、BCR材、鉄筋のSD材は理解してくださいね。下記の記事が参考になります。

SS,SN,SM材

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号