1. HOME > 鋼構造の基礎 > アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

アングル材は、「等辺山形鋼」が正式名称で、その名の通り山形の形状をした鋼材です。材質は一般構造用圧延鋼材(SS400)です。今回は、そんなアングル材の規格やサイズ、断面性能等について説明します。


アングル材(等辺山形鋼)のサイズと規格、断面性能一覧

アングル材のサイズと断面性能は下図表の通りです。


機械的性質

アングル材の材質はSS400です。SS400はJISG3101に規定されています。機械的性質は下図表の通りです。


化学成分

アングル材の化学成分は下図表の通りです。

スポンサーリンク
 

アングル材(等辺山形鋼)ってなに?

アングル材は等辺山形鋼といいます。名前の通り、山形の鋼材です。


アングル材は、上図のように非対称断面の性質があります。荷重を受ける向きによって、弱くもなるし、強くもなる鋼材です。よって、断面の向きは注意して配置します。


アングル材の種類

アングル材は、形状によって2つの種類があります。

です。一般的に、アングルと言えば等辺山形鋼を指しますが、不等辺山形鋼もアングル材の1つです。


アングル材の使用箇所

アングル材は、断面性能があまり高くありません。よって、柱や梁に使われることは、ほとんどありません。チャンネル材と同じように、仕上げの下地材や、簡易な骨組みを造るときに使用します。例えば、開口補強材や胴縁、母屋、根太などです。

※チャンネル材は下記の記事が参考になります。


非対称断面ですから、荷重の向きによっては著しく断面性能が落ちます。構造材として使用する際は注意したい鋼材です。


まとめ

今回は、アングル材について説明しました。アングル材の規格は表を見て頂ければ良いのですが、特徴をよく理解しておきましょう。アングル材は非対称断面です。使いどころや、断面の向きに注意したいですね。

※鋼材に関しては、下記の記事も参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能