1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築構造用圧延鋼材とは?1分でわかる意味、種類、読み方、特徴、記号

建築構造用圧延鋼材とは?1分でわかる意味、種類、読み方、特徴、記号

建築構造用圧延鋼材とは、建築物の構造材に使うことを想定し、塑性変形能力を確保した鋼材です。降伏比の規定、降伏点の上限が規定されます。近年は、建築構造用圧延鋼材の流通も多く、コストも下がっています。軽微な建築物以外は、大梁や主柱などを建築構造用圧延鋼材とします(柱はH形鋼の場合など)。今回は、建築構造用圧延鋼材の意味、種類、読み方、特徴、記号について説明します。※塑性変形能力、降伏比の意味は下記の記事が参考になります。

塑性変形能力とは?すぐに分かる意味と塑性ヒンジとの関係

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

建築構造用圧延鋼材とは?

建築構造用圧延鋼材は、建築物の構造部材に使う鋼材です。建築物の主要な柱や大梁は、地震時のエネルギーを、「部材の塑性化」によって吸収します。よって、構造部材は、所定の塑性変形能力が必要です。建築構造用圧延鋼材は、塑性変形能力の高い鋼材で、主柱や大梁に採用されます。※塑性変形能力の意味は、下記の記事が参考になります。

塑性変形能力とは?すぐに分かる意味と塑性ヒンジとの関係

建築構造用圧延鋼材の読み方

建築構造用圧延鋼材は、「けんちくこうぞうようあつえんこうざい」と読みます。

建築構造用圧延鋼材の種類

建築構造用圧延鋼材には、下記の種類があります。


・SN400A

・SN400B

・SN400C

・SN490A

・SN490B

・SN490C


SN400A材は、溶接性の悪い鋼材です。主に小梁などに使います。SN400B、SN400Cは溶接性に優れています。※SN400Aの詳細は、下記の記事が参考になります。

SS,SN,SM材


SN400Bは大梁や主柱などの、主要な部材に使います。柱や梁は地震エネルギーを、塑性化して吸収することを想定します。その設計方針に合った、SN400Bを使いましょう。


SN400Cは、ダイアフラムに使います。ダイアフラムは、厚さ方向に引張力が作用します。SN400Cは厚さ方向の伸び能力を高めた鋼材です。※厚さ方向の伸び能力は、絞り値の規定が関係します。下記の記事が参考になります。

板厚方向とは?1分でわかる意味、絞り値、ラメラテア、引張力との関係


各SN材の規格は、下記の記事が参考になります。

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い


なお、SN490材は降伏点、引張強度共に高いので、大きな応力が作用する部材に使います。

建築構造用圧延鋼材の特徴

建築構造用圧延鋼材の特徴は下記です。


・塑性変形能力に優れている

・降伏比の規定がある

・降伏点の上限が規定される


建築物の構造設計では、地震時に、部材の塑性化によるエネルギー吸収を想定しています(構造計算ルート3の場合)。詳細は、下記の記事が参考になります。

塑性変形能力とは?すぐに分かる意味と塑性ヒンジとの関係

構造計算ルートとは何か?

建築構造用圧延鋼材の記号

建築構造用圧延鋼材の記号は、「SN」と書きます。「SN」の後に数字が続き、引張強度の値を示します。

まとめ

今回は建築構造用圧延鋼材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築構造用圧延鋼材は、建築物の構造材に使うことを前提に、塑性変形能力を高めた鋼材です。降伏比や降伏点の上限の規定があります。建築構造用圧延鋼材の意味、特徴を覚えてくださいね。また、一般的に使う建築構造用圧延鋼材の種類も覚えましょう。Sn400やsn490の特徴は、下記の記事が参考になります。

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築構造用圧延鋼材とは?1分でわかる意味、種類、読み方、特徴、記号