1. HOME > 鋼構造の基礎 > 一般構造用炭素鋼鋼管とは?1分でわかる意味、読み方、単位重量、規格

一般構造用炭素鋼鋼管とは?1分でわかる意味、読み方、単位重量、規格

一般構造用炭素鋼鋼管とは、鋼材の材質の1つです。記号でSTK400などと書きます。一般構造用炭素鋼鋼管は円形で、中は空洞です(筒の形状)。単に「鋼管」ともいいます。また、角形鋼管は四角形の鋼管です。今回は一般構造用炭素鋼鋼管の意味、読み方、単位重量、規格について説明します。※角形鋼管、STK400の詳細な内容は下記の記事が参考になります。

コラム(冷間成形角型鋼管)とは何か?

STK400の規格が丸わかり!一般構造用炭素鋼鋼管のサイズと断面性能

一般構造用炭素鋼鋼管とは?

一般構造用炭素鋼鋼管とは、鋼材の材質の1つです。形は円形で、中は空洞です。実務では、単に「鋼管」と言うことも多いです。また、四角形の鋼管は、円形鋼管と区別するため、「角形鋼管」といいます。


一般構造用炭素鋼鋼管は記号で、STKです。一般構造用炭素鋼鋼管には、下記の種類があります。


・STK400

・STK490

・STK510

・STK540


建築物には、主にSTK400を使います。荷重が大きくSTK400では、強度が足りない場合、STK490にします。


一般構造用炭素鋼鋼管は、丸い形をしています。構造部材は、普通、仕上げ材に隠れます。そのため、角形または丸形を使っても、見た目には表れません。仕上げ材で構造部材を隠す場合、断面性能の低い円形鋼管を使うメリットは、ほぼありません。


一方、構造部材が表しになる場合、丸形の方が好ましい、と判断する設計者も多いです。丸形の方が、デザイン的に良い、ぶつかっても危険性が低いという理由があります。

一般構造用炭素鋼鋼管の読み方

一般構造用炭素鋼鋼管は、「いっぱんこうぞうようたんそこうこうかん」と読みます。読みづらいですが、覚えましょう。また、建築構造用炭素鋼鋼管は「けんちくこうぞうようたんそこうこうかん」と読みます。

一般構造用炭素鋼鋼管の規格

一般構造用炭素鋼鋼管の規格をそれぞれ説明します。

単位重量と断面性能

一般構造用炭素鋼鋼管の単位重量と断面性能を下図に示しました。

一般構造用炭素鋼鋼管の単位重量

降伏点、引張強度

一般構造用炭素鋼鋼管の降伏点、引張強度を下図に示しました。

一般構造用炭素鋼鋼管の降伏点

一般構造用炭素鋼鋼管の伸び

化学成分

一般構造用炭素鋼鋼管の化学成分を下図に示しました。

一般構造用炭素鋼鋼管の化学成分

まとめ

今回は一般構造用炭素鋼鋼管について説明しました。意味が理解頂けたと思います。一般構造用炭素鋼鋼管は、鋼の材質の1つです。記号でSTK材と書きます。特徴や形状、建築で良く使う種類も覚えてくださいね。※STK400、STK490の詳細は下記の記事が参考になります。

STK400の規格が丸わかり!一般構造用炭素鋼鋼管のサイズと断面性能

鋼管の種類は?1分でわかる種類、特徴、記号、重量

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 一般構造用炭素鋼鋼管とは?1分でわかる意味、読み方、単位重量、規格