1. HOME > 鋼構造の基礎 > stkn400とは?1分でわかる意味、規格、stk材、stkn490との違い

stkn400とは?1分でわかる意味、規格、stk材、stkn490との違い

stkn400は、建築構造用炭素鋼鋼管のことです。stk材に比べて、粘り強く建築物の構造部材に適しています。今回は、stkn400の意味、規格、stk材、stkn490との違いについて説明します。※stk400の意味、規格は下記の記事が参考になります。

STK400の規格が丸わかり!一般構造用炭素鋼鋼管のサイズと断面性能

stkn400とは?

stkn400は、建築構造用炭素鋼鋼管のことです。建築物に使う構造部材は、粘り強さが求められます。地震が起きた時、構造部材が急に「ぐしゃ」と壊れるよりも、変形しながら「じわ〜」と壊れる方が良いのです。


stkn材では、粘り強くなるよう引張強度や降伏耐力に上限値が規定されます。また、降伏比の規定があります。※引張強度、降伏耐力、降伏比の意味は、下記の記事が参考になります。

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?


stkn材は、鋼管の1つです。鋼管の形状は、円形の筒です。stkn以外にも、鋼管には下記の鋼種があります。


Skk材

Stk材


skk材は、杭に使う鋼管です。stk材は一般構造用鋼材で、建築物以外にも使います。また、建築物でも、粘り強さを必要としない構造部材に使います。skk材、stk材の意味、規格は下記の記事が参考になります。

skk400とは?1分でわかる意味、規格、ヤング係数、許容応力度、skk490との違い

鋼管の種類は?1分でわかる種類、特徴、記号、重量

stkn材の種類

stkn材には下記の種類があります。


stkn400W

stkn400B

stkn490B

stkn400の規格

stkn400の規格を下図に示します。

stkn400の化学成分

stkn400の機械的性質

stkn400Wは降伏耐力の上限や、降伏比の規定がありません。一方、stkn400Bやstkn490Bは、降伏耐力、引張強度、降伏比に規定があります。厚みに応じて、降伏耐力の値が変わる点も注意してくださいね。

stkn400とstk材との違い

stkn材とstk材の違いは、粘り強さです。例えば、stkn400Bでは降伏比が規定されます。降伏比が規定された鋼材は、粘り強く突然破断することが無いです。この性質を靭性といいます。stk材は、降伏比が規定されない分、靭性が保証されません。※靭性の意味は、下記の記事が参考になります。

靭性とは?靭性のある材料とは?建物の耐震性との関係


Stk400の意味、規格は下記の記事が参考になります。

鋼管の種類は?1分でわかる種類、特徴、記号、重量

stkn400とstkn490の違い

stkn400に比べてstkn490は降伏耐力、引張強度が高いです。stkn490に強度は、4割程度大きな値ですね。荷重が大きく、どうしても径を変えられない場合、stkn490を使います。

まとめ

今回はstkn400について説明しました。意味が理解頂けたと思います。stkn400は、建築構造用炭素鋼鋼管のことです。stk材に比べて粘り強さがあります。靭性を必要とする構造部材に使います。また、stkn400とstkn490の違いも覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

鋼管の種類は?1分でわかる種類、特徴、記号、重量

skk400とは?1分でわかる意味、規格、ヤング係数、許容応力度、skk490との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > stkn400とは?1分でわかる意味、規格、stk材、stkn490との違い