1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼管の種類は?1分でわかる種類、特徴、記号、重量

鋼管の種類は?1分でわかる種類、特徴、記号、重量

鋼管には色々な種類があります。建築ではSTK400が一般的ですが、STK290やSTK500といった材質もあるのです。今回は、鋼管の種類と特徴、記号、重量と規格について説明します。※STK400の規格、重量などは、下記の記事が参考になります。

STK400の規格が丸わかり!一般構造用炭素鋼鋼管のサイズと断面性能


また、四角形の鋼管を角形鋼管といいます。角形鋼管の種類、材質は下記の記事が参考になります。

コラム(冷間成形角型鋼管)とは何か?

BCR295の規格が丸わかり!BCR材のサイズと断面性能、重量、STKR ...

鋼管の種類は?

鋼管には、下記の種類があります。


・STK290

・STK400

・STK490

・STK500

・STK540


建築で一般的に使う種類は、STK400やSTK490です。STK400は下記の記事が参考になります。

STK400の規格が丸わかり!一般構造用炭素鋼鋼管のサイズと断面性能

鋼管の種類の特徴

前述した鋼管(STK材)は、主に下記の用途で使います。


・建築物の柱(庇受けの柱、外部の柱など)

・鋼管杭


STK材は建築物の柱として使います。普通、鉄骨造の柱は化粧材により隠れるので、角形鋼管より断面性能の低い鋼管(円形の柱)は使いません。しかし、鉄骨柱の形が外部にみえる場合は、丸柱である鋼管を使います。


また、鋼管杭はSTK材を使います。


STK材では無いですが、「鋼管」は配管用のパイプにも使います。色々な用途に使われると覚えておきましょう。

鋼管の種類と記号

鋼管の種類と記号を下記に整理しました。


・STK290

・STK400

・STK490

・STK500

・STK540


STKは、一般構造用炭素鋼鋼管のことで、後に続く数字が引張強度を表します。例えば、STK400は、引張強度が400N/muです。※引張強度については下記の記事が参考になります。

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

鋼管の種類と重量、規格

鋼管には色々なサイズがあります。鋼管はサイズの種類に応じて重量が変わります。下記に、鋼管の重量を示します。


断面や厚みが大きくなるほど、鋼管の重量も大きくなります。


鋼管は、材質の種類により引張強度が変わります。下記に、引張強度の一覧を示します。

鋼管の引張強さ


下図に、鋼管の種類別の化学成分を示します。

鋼管の化学成分

まとめ

今回は鋼管の種類、特徴、記号について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鋼管には、色々な種類がありましたね。建築で一般的に使う材質は、STK400です。STK400、STK490の規格は覚えてくださいね。また、STK材の特徴も理解しましょう。※STK400、STK490は下記の記事が参考になります。

STK400の規格が丸わかり!一般構造用炭素鋼鋼管のサイズと断面性能

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼管の種類は?1分でわかる種類、特徴、記号、重量