1. HOME > 鋼構造の基礎 > fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

fr鋼とは耐火鋼のことです。英語でFire Resistant Steelと書きます。直訳で、火に耐性がある鋼です。fr鋼は耐火被覆を省略する目的で開発された鋼材です。今回はfr鋼の意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係について説明します。※建築物に使う鋼材は、他にも色々あります。下記の記事も参考になります。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

fr鋼とは?

fr鋼とは、耐火鋼のことです。fr鋼は火に耐性をもち、600℃という高温でも耐力が落ちにくいです(規格値の2/3程度)。よって、fr鋼は耐火被覆が不要または一部省略できます。


普通、鋼材は火に弱いです。350℃で、規格値の2/3程度まで下がります。


一般の鋼については、下記の記事が参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係


火に弱い一般の鋼は、耐火要求がある場合、耐火被覆をします。耐火被覆は、外観上好ましいとはいえません。耐火被覆を無くしたい場合、fr鋼は役に立ちます。※耐火被覆については下記の記事が参考になります。

耐火被覆の目的と、材料と工法

fr鋼の特徴

fr鋼の特徴を下記に整理します(メーカーごとに若干変わります。一般的に言われる内容を書きました)。


・火に耐性があり、耐力が落ちにくい(例えば、600℃で規格値の2/3程度など)

・上記より、耐火被覆が不要または一部省略可能(ただし、大臣認定が必要)

・常温では、一般鋼と同じ扱い


一番の特徴は、高温下でも耐力が落ちにくいことです。一般の鋼なら、耐火被覆が必要でも、fr鋼を使えば省略でき、内観上好ましいです。

fr鋼の溶接性

fr鋼の溶接性は、SM材、SN材と同程度です。一般の鋼と同じように扱えます。SM材、SN材については下記の記事が参考になります。

SS,SN,SM材

fr鋼と耐火被覆の関係、耐火設計

fr鋼は耐火被覆が不要または一部省略できます。ただ、注意したいのが、「指定性能評価期間の性能評価を受け、国土交通大臣の認定を取得する」必要があることです。


「大臣認定」の取得は、普通の確認申請業務に比べて大変です。単に耐火被覆を無くしたい、という理由だけでは、fr鋼を使うのは難しいのです。

まとめ

今回はfr鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。fr鋼は火に耐性のある鋼す。高温下でも耐力が落ちにくいため、耐火被覆を省略できます。当然、一般の鋼よりコストは上がります。ただ、耐火被覆が無い分、好ましい内観となること、耐火被覆のメンテナンスが不要となりますね。※耐火被覆については下記の記事が参考になります。

耐火被覆の目的と、材料と工法

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係