1. HOME > 鋼構造の基礎 > 溶接構造用圧延鋼材とは?1分でわかる意味、規格、用途、ヤング率、特徴

溶接構造用圧延鋼材とは?1分でわかる意味、規格、用途、ヤング率、特徴

溶接構造用圧延鋼材とは、溶接接合に使う鋼材です。溶接性に優れています。なお、建築構造用圧延鋼材も溶接性に優れているので、建築物に使う機会は少なくなっています。鋼材の種類には、SM400Aなどがあります。今回は、溶接構造用圧延鋼材の意味、規格、用途、ヤング率、特徴について説明します。※SM400A、SM490Aについては下記の記事が参考になります。

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い

sm490とは?1分でわかる意味、降伏点、弾性係数、比重、ss400との違い

溶接構造用圧延鋼材とは?

溶接構造用圧延鋼材とは、溶接接合に使う鋼材です。名前の通り、溶接性に優れています。記号では、


Sm400(sm材の種類は後述)


と書きます。※sm400、sm490の詳細は、下記の記事が参考になります。

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い

sm490とは?1分でわかる意味、降伏点、弾性係数、比重、ss400との違い

溶接構造用圧延鋼材の読み方

溶接構造用圧延鋼材は、「ようせつこうぞうようあつえんこうざい」と読みます。

溶接構造用圧延鋼材の種類

溶接構造用圧延鋼材には下記の種類があります。


・sm400A

・sm400B

・sm400C

・sm490A

・sm490B

・sm490C

・sm490YA

・sm490YB

・sm520B

・sm520C

・sm570


Sm400、sm490は下記の記事が参考になります。

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い

sm490とは?1分でわかる意味、降伏点、弾性係数、比重、ss400との違い

溶接構造用圧延鋼材の規格

溶接構造用圧延鋼材の規格を示します(sm400の値です)。降伏点、引張強度はss400と同等ですが、化学成分が異なります。また、溶接性に優れた材料です。

降伏耐力、降伏点

溶接構造用圧延鋼材の降伏耐力は下記です。

sm400の降伏点

化学成分

溶接構造用圧延鋼材の化学成分は下記です。

sm400の化学成分

溶接構造用圧延鋼材の用途

溶接構造用圧延鋼材は溶接接合を行う部材に使います。例えば、建築物の梁や柱が該当します。ただし、最近は建築構造用圧延鋼材(sn材)を利用することが多いです。sn材は、降伏比などの規定があり、塑性変形能力に優れた鋼材です。詳細は、下記の記事が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

塑性変形能力とは?すぐに分かる意味と塑性ヒンジとの関係

溶接構造用圧延鋼材のヤング率

溶接構造用圧延鋼材のヤング率は、

です。なお、鋼材のヤング率は、材質に限らず一定です。

溶接構造用圧延鋼材の特徴

溶接構造用圧延鋼材の特徴は、溶接性に優れる点です。


鋼材の溶接性の良さは、炭素当量、溶接割れ感受性組成が影響します(内容の説明は省略します)。下記に溶接構造用圧延鋼材の炭素当量、溶接割れ感受性組成の規格を示します。

炭素当量

溶接割れ感受性組成

まとめ

今回は溶接構造用圧延鋼材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。溶接構造用圧延鋼材は、溶接性に優れた鋼材です。溶接接合を行う部材に使います。ただ、建築構造用圧延鋼材も溶接性に優れるので、近年は利用が減りつつあります。溶接構造用圧延鋼材の特徴、規格を理解しましょう。また、sm400の規格も併せて参考にしてください。下記の記事が参考になります。

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 溶接構造用圧延鋼材とは?1分でわかる意味、規格、用途、ヤング率、特徴