1. HOME > 鋼構造の基礎 > sm490とは?1分でわかる意味、降伏点、弾性係数、比重、ss400との違い

sm490とは?1分でわかる意味、降伏点、弾性係数、比重、ss400との違い

sm490とは溶接構造用圧延鋼材の1つです。sm材は溶接性の良い材料です。剛接合など溶接を行う箇所に使います。また、強度が高いので、大きな応力に抵抗できます。他にもsm400材があります。※sm400材については下記が参考になります。

SS,SN,SM材とは?


今回は、sm490の意味、降伏点、弾性係数、比重、ss400との違いについて説明します。

sm490とは?

sm490は溶接構造用圧延鋼材の1つです。溶接性がよく、sm400と比べると強度が高いです。※降伏点など、sm490の規格は後述しました。


sm490はJISG3106に規格されています。実務ではsn材を使うことが多く、sm材の利用が少ないです(sn材は溶接性がよく、降伏比など変形性能も優れている)。


また、sm490とあわせて、sm400の規格も覚えてくださいね。

SS,SN,SM材とは?

sm490の降伏点

sm490の降伏点を下記に整理しました。

sm490の降伏点

sm490の機械的性質


sm490とss490を比較すると、sm490の方が、降伏点が大きいです。混同しやすいので注意してくださいね。※ss490は下記が参考になります。

ss490とは?1分でわかる規格、sm490との違い、溶接性、降伏点、ss400との違い

sm490の化学成分

sm490の化学成分を下記に整理しました。

sm490の化学成分

sm490の弾性係数

sm490の弾性係数は、

です。この値は、鋼材の材質に関わらず一定です。Ss400、sn400でも同じ値ですね。弾性係数(ヤング係数)は下記が参考になります。


ヤング係数ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

sm490の比重

sm490の比重は、

です。なお、鋼材の比重は材質に限らず7.85です。ss400でも変わりません。鋼材の比重は材質に関わらず一定だと覚えてくださいね。

sm490とss400の違い

sm490とss400の違いを下記に整理しました。


sm490の方が、溶接性がよく、強度の大きな鋼材です。荷重が大きく、応力が厳しい部材ではsm490を使います。剛接合する大梁、溶接の必要なプレートが該当しますね。※ss400については下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー


また、sm490より強度が小さい鋼材でsm400があります。※sm400は下記が参考になります。

SS,SN,SM材

まとめ

今回はsm490について説明しました。意味が理解頂けたと思います。sm490の特徴、引張強度、降伏点の値を理解してくださいね。似た用語が多いので、混同しないよう注意してください。sm材の他に、sn材、ssは建築で使う鋼材として一般的なものです。下記の記事も参考にしてくださいね。

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > sm490とは?1分でわかる意味、降伏点、弾性係数、比重、ss400との違い